iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

【通話料金ゼロ】iPhoneを自宅のLANにVPN接続してIPフォンから通話するやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 1349
公開日:2013年01月02日

iPhoneの通話料金をゼロにして節約。極上の節約レシピを公開!

iphone料金節約!極上のレシピ紹介

今日は、私が実践している方法を紹介します(ちょっと長いです)。

iPhoneの通話料金を節約するには、Skype(スカイプ)やLine(ライン)などの無料通話アプリを使えばいいのですが、それぞれ一長一短ありiPhoneの電話に置き換えるにはやや難があります。

アプリ名 特徴 デメリット
Line Line同志は無料で通話が可能。通話するには相手のIDを知っていること。 Lineという非常に限られたネットワークのみ無料通話が可能
Skype インターネット無料通話の老舗。Skype同志は無料。固定電話や携帯に電話する場合は有料。 日本では相手に電話番号の通知がされない。
カカオトーク Lineのベースとなった無料通話アプリ。無料通話のほかチャットも可能 カカオトーク同士のみ

それぞれ、上記のような特徴をもってますがいずれも自分の近親者や友達間に限られ、自由度が低いのが難点でしょう。

もし、以下のような使い方ができれば・・・

普通の電話のように電話ができてiPhoneの通話料金が一切かからない方法!

そうです、今日は「節約の極意2:iPhoneの通話料金をゼロにする方法」を教えちゃいます。その方法は、

外出中でもiPhoneから自宅の電話をつかって相手に電話する方法なんです。自宅の電話を使いますからiPhoneの通話料金は一切かからずゼロ円。「iPhoneを自宅のLANにVPN接続してIPフォンから通話する」やり方です。

対象者

  • 使えるiPhoneはiPhone3GS~iPhone5まで、特に最近iPhone5を使い始めた初心者におすすめ
  • iPhoneの通話料金をゼロ円にしたい方

必要なもの

 

電話をかけるiPhoneのほかに以下の機器設備やアプリが必要です。家の電話番号が050から始まる番号であれば大概は対応できるはずです。

  1. ipフォン(光電話というものも一緒です)
  2. PPTP対応のWifiルータ
  3. 光インターネット(NTT東西日本フレッツ光やKDDIのauひかり等のインターネット接続サービス加入者
  4. AcrobitsのSipPhone等のVOIPフォンアプリ
  5. ダイナミックDNS(DDNS)
  6. 既に上記と同等な環境であれば可能

その他、スイッチングハブ(LAN分岐用)1台、短めのLANケーブル3本。

2項の「PPTP対応のWifiルータ」同等品かどうかわからない場合は以下のWifiルータをご準備ください。執筆時点ではアマゾンで2,299円とかなりお得です。

概要図

 

iPhonePPTP接続図.jpg拡大表示ボタン.gif

手順

本解説は、以下の手順の順番で進めます。

  1. Wifiルーターの設定
  2. ブロードバンドルータとWifiルーターの接続および設定
  3. ダイナミックDNS(DDNS)の設定
  4. iPhone側の設定1
  5. iPhone側の設定2:アプリの導入

Wifiルーターの設定

上記のおすすめのWZR-HP-G301Nとは違いますが、設定画面はほぼ同一のG302Hの画面で説明します。

設定画面を表示させる方法

以下の手順で、WZR-HP-G302Nの設定画面を表示させます。

WZR-HP-G302Nを設定するため、WZR-HP-G302NとパソコンをLANケーブルで直接接続します。WZR-HP-G302Nに付属のCDからエアーステーション設定ツールをインストールし起動します。

※エアーステーション設定ツールはbaffaloのほぼ全部のWifiルータに共通のツールです。

パソコンと直接接続する.jpg

起動直後の画面が以下で、すぐに「次へ」ボタンを押下します。

AirStationSetup1.JPG

設定するWZR-HP-G302Nが見つかると下記に様に表示されますので、ここも「次へ」をクリックして進みます。
※特にWZR-HP-G302Nが初期状態でパソコンと直結状態であれば見つからないということはないと思います。

AirStationSetup2.JPG

ここは、迷わず「設定がメインを開く」を選びましょう。

AirStationSetup3.JPG

次の画面は、WZR-HP-G302Nの設定画面ひらく場合の初期のパスワード設定値の説明で、rootでログインする場合はパスワードなし(空白のまま)、adminでログインする場合は”password”でログインするという説明で読んだら、「OK」をクリックしましょう。

AirStationSetup4.JPG

ここは少し注意が必要ですね。
次項のWZR-HP-G302Hの設定画面を表示する場合、IPアドレスというものをWZR-HP-G302Hとパソコンであわせる必要があります。
WZR-HP-G302Hの購入時のIPアドレスは、192.168.11.100なので、パソコンのIPアドレスは、192.168.11.101~192.168.11.254の範囲に設定されている必要があります。
この設定をするのが次画面で、通常はルーターモードで稼働してますので上部の「このパソコンのIPアドレスを設定する」側をクリックしましょう。

AirStationSetup5.JPG

 

インターネット接続先の設定

それでは、いよいよWZR-HP-G302Hに設定していきましょう。
パソコンのブラウザを起動し、URLアドレス欄に”http://192.168.11.100″(←ここをクリックしても可能)を入力して設定画面を表示させます。
以下のようにログイン認証画面が表示されますので、前述したようにユーザー名に”root”、パスワード欄を空白のまま「OK」をクリック。

AirStationSetup6.JPG

では、インターネット接続のアカウントとパスワードを用意して入力しましょう。
インターネット接続のアカウントとパスワードは、フレッツ光やauひかりなどのインターネット接続サービス加入時に発行されたものになります。
以下画面の上部のグローバルメニューから「Internet/LAN」を選択します。

g302-top.png

同じく上部グローバルメニューから「PPPoE」を選択します。

g302-ppoe1.JPG

以下の画面の各項目を入力します

接続先名称 フレッツ光など接続先を識別しやすい名前をつけます
接続先ユーザー名 インターネット接続サービス加入時に指定されたユーザー名を入力
接続先パスワード インターネット接続サービス加入時に指定されたパスワードを入力
サービス名 空白のままでOKです

画面下部の拡張設定については表示されたままで、最下部の「新規登録」をクリックします。

g302-ppoe2.JPG

 

Wifi接続設定(DHCP設定)

前出したIPアドレスのこと覚えてますか?
このWZR-HP-G302HのIPアドレスは、192.168.11.100ですから、接続されるパソコン、iPhone等に自動的にIPアドレスを割り振る設定をするのが以下のDHCPの設定画面です。
表示画面の上部のグローバルメニューから「Internet/LAN」をもう一度選んでください。

g302-top.png

次は、「LAN」を選択してください。

g302-internet.png

ここで設定するのは、「DHCPサーバー機能」と「割り当てIPアドレス」の2カ所。

DHCPサーバー機能 チェックが入っていることを確認してください
割り当てIPアドレス 192.168.11.101と153を入力すればOKです

 

g302-lan.png

 

外出先のiPhoneを接続させる設定(PPTP設定)

PPTPなにやら難しそうなキーワードがでてきました。
このPPTPの設定をおこなうと外出先から自宅内の電話を使えるようになります。
PPTPはこのような接続方法の1つで、このような特殊な接続方法を「VPN接続」といいます。
「VPN接続」方法にはいくつかあって、iPhoneが対応しているのは「L2TP」「PPTP」「IPSEC」の3つの方式で、
「L2TP」はシスコというメーカー専用で、「L2TP」はビジネス用つまり高級仕様ということで対応するルーターなどは高価格なものになります。
「PPTP」は一番手軽なものということで、本サイトでは「PPTP」を使うことにしてます。
さて、この「PPTP」を設定していきます。

表示画面の上部のグローバルメニューから「Internet/LAN」をもう一度選んでください。

g302-top.png

画面に表示のとおり少し待ちましょう!

g302-lanwait.png

表示画面の上部のグローバルメニューから「PPTPサーバー」を選択してください。

g302-pptp.png

前出してDHCPの設定が完了していれば拡張設定はいじる必要ありません。
画面下半分のPPTP接続ユーザーの表示から「PPTP接続ユーザーの編集」ボタンをクリックしてユーザーを追加します。
※以下の画面状態は、”vpnuser”というアカウントをひとつ作ってある状態です。

g302-pptpuser.png

ユーザー名とパスワードを入力して、「新規追加」をクリックしてアカウントを追加しましょう。
クリックする前に、「DHCPサーバーの範囲から取得」にチェックが入っていることをチェックしてください。

ここで入力したユーザー名とパスワードはiphoneにも設定しますので覚えて笈田ください。
g302-pptpcreate.png

本稿で使用したWZR-HP-G302Nの購入はこちら(アマゾン)

ブロードバンドルータとWifiルーターの接続の変更

ケーブル接続の変更

外出先からiPhoneを接続するために各機器の接続を変更する必要があります。
下図の赤線部分と赤丸部分が変更になります。
赤丸部分は、スイッチングハブというもので既存の回線を分岐する必要があります。
今、つかっているブロードバンドルーター(たぶん電話回線が入っている機器のこと)のLANケーブルがささっている面をみてWAN回線と書いてあるLANケーブルを入力元として、スイッチングハブのWAN側に差し替え直し、2本のLANケーブルでそれぞれブロードバンドと今回追加するWZR-G301Nを接続し直してください。

もう一つ、3本目のLANケーブルで、ブロードバンドルートとWZR-G301Nを接続してください。
接続変更は以上です。

iPhonePPTP接続図2.jpg
ブロードバンドルーターのインターネット接続を抹消

これからはインターネット接続はWZR-301Nでおこないますので、現在つかっているブロードバンドルーターのインターネット接続設定は、ユーザー名とパスワードを消すかパスワードを無効なもので置き換えるだけで大丈夫です。
これは各々の機器で違いますので、マニュアル等を参考にトライしてみてください。

内線番号の設定

後述するVOIPアプリSipPhoneから使う内線番号を今の電話機に追加設定しなければなりません。
これも各々の機器により異なりますので、お使いのブロードバンドルーターの説明書にて各自変更してください。

NTT東日本のRT-S300SEの設定方法は、以下のサイトを参考にしてください
ルーター設定マニュアル(NTT東日本)
rt-s300se_naisen2 RT-S300SEの内線設定例

拡大表示ボタン.gif

ダイナミックDNS(DDNS)

ダイナミックDNSとは、固定IPアドレスをつかなくても自宅のWEBサーバー等を公開できるサービスで、無料のDDNSサイトに登録するだけで利用できるサービスです。
外出中にインターネット網から自宅の電話にアクセスするために使用します。

無料のダイナミックDNSサイトに登録する

以下のサイトを参考に登録してください。
ダイナミックDNSに登録する – (ドメイン名の取得)

iPhone側の設定1

さて、次はiPhone側の設定です。
まず最初の設定は、iPhoneにVPN接続をさせる設定になります。
この設定は比較的簡単です。先に出てきたPPTP設定で作成したユーザー名とパスワードおよびDDSNで取得したDDSN名を入力します。

iPhoneのホーム画面から「設定」>「一般」とすすみ、一般設定画面を表示します。

iphone_pptp1.jpg

次に、「VPN」を選択してください。

iphone_pptp2.jpg

VPNはオフのまま、「VPN構成を追加」の右端の矢印部分をタッチします。

iphone_pptp3.jpg

以下の画面で、VPN接続のためのユーザー名などを入力します。

接続方法の選択 画面最上部のPPTP部分をタッチし選択状態とします
説明 この設定の識別名です。分かりやすい名前を入力します
サーバー DDSN名称を入力してください
アカウント PPTP接続項で作成したユーザー名を入力してください
パスワード PPTP接続項で決定したパスワードを入力してください

プロキシはオフのまま、画面最上部の「保存」アイコンをタップして入力を終了します。

iphone_pptp4.jpg

iPhone側の設定2:アプリの導入

さて、ラストです。

アプリのダウンロード

おすすめするのは600円の有料アプリですが、私が一番お気に入りのVOIPアプリになります。
以下のリンクからこのアプリをダウンロードしてください。

 

SipPhoneの設定

アカウントを情報を入力するため、右上の「詳細情報」をタップしてください。

acrobits1.jpg

ここでは、「SIP アカウント」の左にある矢印部分をタップします。

acrobits2.jpg

アカウントを追加するため、右上の「+」をタップします。

acrobits3.jpg

作成するアカウントの種類を選択するため、「一般的なSIPアカウント」の右の矢印部分をタップします。

acrobits4.jpg

次に情報を入力します。

タイトル 適当な名前を入力します
ユーザー名 内線番号の設定項で指定したユーザー名を入力
パスワード名 内線番号の設定項で指定したパスワードを入力
ドメイン DDNS名を入力します
表示名 「自宅電話などの適切な名前を入力

保存ボタンをタップする前に、詳細情報の右にある矢印部分をタップして、「承認されたユーザー名」に、内線番号の設定項で指定したユーザー名を再度入力します。

acrobits5.jpg

 

acrobits6.jpg

以上

VPN接続して電話してみよう!

iPhoneで電話する場合は、毎回、VPN接続をONにしなければなりません。そして電話が終ればVPN接続はOFFにします。

電話はする場合は、毎回VPN接続をONにする。

 

VPN接続をONにする方法

iphoneのホーム画面で「設定」アイコンをタップし、設定画面の「VPN」の「オフ」上を指でスライドしオンにします。
※オフにするには、再度指でスライドしオフにします。

vpn接続1.jpg

VPN接続がONになると、上部にVPN表示されます。

vpn接続2.jpg

 

SipPhoneで電話をかける

iPhoneのホーム画面よりSipPhoneのアイコンをタップしてアプリを起動してください。
使い方は、iphoneの標準電話アプリと同じで、連絡先も使えます。

以 上

 

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
公開日:2013/01/02 カテゴリ:節約レシピ
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑