iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

au iPhoneのLTEフラットを解約して節約する!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 412
公開日:2013年04月14日

au iPhoneのLTEフラットを解約して節約する!!

auユーザーは、ほぼパケット定額プラン「LTEフラット」に加入してませんか?

今日は、この月々5,460円もかかる「LTEフラット」プランを解約するにはどうしたらよいか検討します。

対象

・auユーザでLTEフラットを解約をお考えの方

・自宅等でWifiに接続可能な方には特におすすめです

auユーザの加入プラン

最初に、auユーザの加入プランを見てみましょう。

以下は、auに新規で加入された場合の月額料金プランです。機種変更やMNPを利用して加入された場合は異なります。ご注意ください。

項目 価格
基本使用料 980円

(LTEプラン)

※誰でも割適用時

インターネット接続サービス 315円

(LTE NET)

パケット定額プラン 5,460円

(LTEフラット)

合計 6,755円

表にあげた他に、通話料や機種代金、auスマートパスなどのオプション加入料金が加算されたのが実際の請求月額となります。

ここで目立つのがパケット定額プランの5,460円ですね。もしパケットを一切使わなければ、基本使用料のみの月額980円(※)だけで使用できます。

メールだけだなんていうユーザでも基本使用料+インターネット接続サービス+パケット料(従量制、0.078円/パケット)(※)となります。この際の上限額も設定されておりパケット料金の上限は、21,000円となります。

※「毎月割」適用外につき、別途機種代金がかかります。

「LTEフラット」は解約可能か?

auでもソフトバンクでもある2年縛り。途中で解約すると約1万近くの違約金が発生する例のやつです。auの場合は、2年縛りがあるのは「誰でも割」です。「LTEフラット」を解約してもauを使い続けるのであれば違約金はかかりませんので、結論としては、LTEフラットの解約はいつでもOK(可能)です。

「LTEフラット」を解約する際に注意すべき事

ここまで読まれた方は、早速「LTEフラット」を解約について興味を持たれたと思います。

解約する前に、注意する点がいくつかありますので以下を確認してください

  1. 「LTEフラット」を解約するとiphoneの機種代金に充当している「毎月割」がなくなります。
  2. 再度「LTEフラット」に加入しても、毎月割の復活はありません
  3. 「LTEフラット」料金は解除月は丸々1ヶ月かかってきます。(新規登録初月のみ日割り計算)
  4. 解約する前に有料コンテンツの解約をしておいてください

「LTEフラット」と「LTE NET」の同時解約がおすすめ

SMSやキャリアメール([email protected])を使わないのでしたら、インターネット接続「LTE NET」も解約してしまいましょう。メールアドレスにこだわらないのであれば、Gmail等無料のインターネットメールサービスを利用してメールアカウントを取得できます。

「LTE NET」を解約する場合は、以降iphone単独でインターネットに接続できませんのでWifi接続などの代替え手段を用意いただくと便利です。

「LTEフラット」を解約すると、学割やウェルカム割など特典はどうなる?

基本料が無料となる学割/ウェルカム割は、いづれも「LTEプラン」が加入条件ですので(LTEフラットではない)、そのまま継続して適用を受けられます。auスマートバリューについては、適用外になります。

まさかの月額0円で運用する

基本料が無料となるキャンペーンを利用してiphoneを手に入れられた方は、「LTEフラット」を解約すると、残るのは機種代金のみですね。残念ながら今からでは、この手法は使えないのですが、iphoneを購入する場合に、「一括0円」でiphoneを購入すると機種代金の支払いも0円となります。この場合、iphoneの月額は、ユニバーサル使用料の3円のみで利用できます。

あとがき

auはiphone4sまでは、パケット定額に加入していないと請求が何十万にもなるいわゆる「パケ死」の恐れがありましたが、iphone5からの「LTEプラン」(IS.NETから変更)では、パケット料金の上限が21,000円と新たに設定されました。

パケットを使わなくするモバイルデータ通信のオフ設定があるのですが、万が一の場合を考えてこのパケット上限が定められた事は、パケット定額に加入しないでauのiphoneを持つことに道が開けたと考えてもいいでしょう。

 

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
公開日:2013/04/14 カテゴリ:節約レシピ
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑