iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

ソフトバンク、3年前倒し2013年度の営業利益予想は1兆円越え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 128
公開日:2013年05月01日

softbank_2012kessan.jpgソフトバンクのいきおいが止まらない!
4月30日、ソフトバンクは2012年度の連結決算を発表した。
2012年度の営業利益は7,450億円(10.3%増)


2012年度は、ソフトバンクは勝負の年だった。前年にiphone販売の独占がなくなり丸々1期をauとの勝負。
われわれユーザにとっては、iphoneやiPad(mini)の発売になっても価格提示が遅れ、あまりいいことではなかったが、イーモバイルの子会社化などや今年中にも米国Sprint社の買収など、ソフトバンクの勢いに疑う理由はない。
さて、先に触れた2012年度のソフトバンクの連結決算は、

  • 営業収益(売上高)は前年同期比5.5%増の3兆3783億6500万円
  • 営業利益は同10.3%増の7450億円
  • 経常利益は同13.9%増の6532億1400万円
  • 純利益は7.8%減の2894億300万円

純利益こそ、数字上7.8%減じていますが、昨年度は一時収益として米Yahoo!の株式売却とRenrenの上場があり、今年は逆にイーモバイルの買収があったためだ。ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏によれば、「一時益を除いて計算すれば過去最高を更新した」とし、順調に推移していることを強調。
たしかに順調すぎる成績です。
今年の営業収益は、7,450億円。来年2013年度の連結決算では、1兆円越えはまちがいのないところだろう。
これは、昨年2011年度の株主総会で2016年度の目標に掲げた数字で3年前倒しになります。ソフトバンクにとっては、auのiphone参入の危機感が飛躍的な進歩につながった結果だと思う。
ソフトバンク株主総会、日本で「営業利益1位を目指す」 (ケータイWatch)

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
公開日:2013/05/01 カテゴリ:キャリア
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑