iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン - 最高デバイスとすごすライフスタイルの追求と節約レシピを提供するブログ

*

Loading

itunesでリカバリーモードからの復帰方法

itunesでバックアップ中に、突然iphoneがリカバリーモードになった場合の復帰方法を説明します。

リカバリーモード

リカバリーモードの確認

iphone5は単独でicloud上にバックアップを作成することができますが、バックアップは連絡先など一部に限られます。やはりitunesと接続してローカルコンピュータ上に丸ごとバックアップするのが便利。
しかし、突然トラブルでiphoneがリカバリーモードになって復帰できない場合があります。
iphoneがリカバリーモードになった場合は、以下のような表示となります。

recovery_mode.jpg

一方、itunes側は以下の画面のように”工場出荷状態に戻してもよろしいですか”の表示となっている状態。

itunes_recoverymode.jpg

※この表示をする前にエラーダイアログが表示されている場合があります。例えば

0xE8000024を表示
iphoneをitunesと繋いでもまったく反応しない場合にも以下のリカバリーモードからの復帰手順を試すことで復帰することができます。

リカバリーモードからの復帰手順

iphoneをitunesに再接続

1.USB ケーブルを iPhone、iPad、または iPod touch から抜き、ケーブルのもう一端は、コンピュータの USB ポートに接続したままにします。
2.デバイスの電源を切ります。スリープ/スリープ解除ボタンを数秒間押し続け、赤いスライダが表示されたらそれをスライドします。デバイスがオフになるまで待ちます。

iphone_off.jpeg

3.ホームボタンを押し続けた状態で、USB ケーブルをデバイスにもう一度接続します。デバイスが起動するはずです。
注意:次のような画面が表示される場合は、デバイスを少なくとも 10 分間充電し、ある程度のバッテリー残量を確保してから、ステップ 2 を再び実行してください。

iphone_batteryless.jpg

4.「iTunes に接続」画面が表示されるまでホームボタンを押し続けます。次の画面が表示されたら、ホームボタンを放します。

recovery_mode.jpg
itunesで復元をする

1.iphoneのリカバリーモードをitunesが検知すると、以下の画面が表示されますのでOKをクリックして継続します。

recovery2.jpg

2.itunesで復元を選択

recovery3.jpg

3.itunesで復元を実行
※iphoneは、工場出荷状態にリセットされますが、最新のバックアップがある場合には、今の状態に復帰できます。

recovery3-1.jpg

4.バックアップを指定
前記のように、最新のバックアップがある場合は以下のようにバックアップを指定する
画面中の「続ける」をクリックします。

recovery3-2.jpg

5.復元の終了を待つ
以上

その他、iTunes接続でエラーが表示された場合

こちらのアップルサポート情報を参考にしてください。
iTunes:アップデートおよび復元時の特定のエラーメッセージと高度なトラブルシューティング

よくある失敗に対する対処法

  1. コンピュータとiphone等のデバイスは、ちゃんとつながっているかどうか確認する。
  2. 復元にたまたま失敗する場合もありますので、もう一度再実行してみる。※再実行の際は、コンピュータの再起動などもおこなってみる
  3. DFUモードによる復元(記事はこちら
  4. 他のコンピュータで試してみる

等の作業でリカバリーモード時のエラーから回復する場合もあります。

rssアイコン当ブログを気に入って頂けたら、ぜひRSSの登録(こちら)をお願いします。 「iPhoneミステリアス」の最新情報をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公開日: : 最終更新日:2014/06/28 iTunes編

1 件のコメント

  • 神のNEKOMA より:

    リカバリーモードまで行くんですけど
    そのあとのiphoneのリカバリーモードをitunesが検知するところが何回やっても検知されてません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑