iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

スプリント社買収案を株主に説明するため、ソフトバンク孫社長渡米へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 211
公開日:2013年05月08日

ソフトバンクによる米スプリント社の買収があることは既にご存知の方も多いことでしょう。
ところが、4月15日、米衛星通信会社DISHがスプリント買収に手を上げたことにより順調だった予定が大きく変わりました。

米スプリント社の買収

スプリント社とは

正式名称は、スプリント・ネクステル (Sprint Nextel Corporation, NYSE:S)といい、アメリカの加入者数第3位の携帯電話事業者。2012年6月末での加入者数は、5606万人[1]。本社所在地は、カンザス州オーバーランドパーク。

買収のこれまでのいきさつ

2012年10月17日 米国TV各社はソフトバンクが米国スプリント・ネクステルの買収をするのではないかと大きく報道された
2012年10月 Sprintはソフトバンクに201億ドルの株式を売却することに同意した。この売却現金を使って、Sprintはまだ保有していなかったClearwireの残りの株式を1株2.97ドルで買収
2013年1月28日 安全保障の観点から米司法省がFCCに審査延期を要請
2013年3月14日 FCCを交えてソフトバンクとスプリント社は買収に合意
2013年3月28日 ソフトバンクが中国製サーバー使用しないことを約束
2013年4月15日 米衛星通信会社DISHが買収に挙手
2013年5月 現在に至る

双方の買収条件

ソフトバンクの買収案

スプリントの株式70%を約200億ドルで取得

Dishによる買収案

255億ドル(約2兆4900億円)での完全買収

ソフトバンクの買収について

当事者のスプリントも一度はソフトバンクによる買収に合意しており、スムースに買収完了するとみていたが、米当局は外国企業による通信会社の買収を非常に懸念しているのが原因ではないかと思う。孫氏も語っているように買収後のスプリント社の成長も考えて完全にソフトバンクの買収案の方が優っているようだ。ここにきてDISHが買収に手を挙げたのは、そのような問題のためでしかないように思われる。孫氏も中国製サーバーを導入しないように約束させられているが、このような抵抗勢力には手に打ちようがない。今は、なるべく味方になってもらうように株主の協力を得るために今回に渡米に至ったと考えらます。

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
公開日:2013/05/08 カテゴリ:ニュース
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑