iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

iphone5s,iphone5c等のアップルの新製品の最新情報のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 042
公開日:2013年08月13日

まもなく発表される2013年アップルの新製品iphone5Sとiphone5Cの最新情報《噂》をまとめたみた。
現行iphone5の後継機となるiphone5S、コストをさげた廉価版となるiphone5Cはどんな製品なのか、まだ知らないという読者にその概要を紹介します。

はじめに

これまでアップルは約1年毎に新iphoneを発表しており、現行iphone5のマイナーアップデート版のiphone5sがまもなく発表されるのではないかと思われます。今年は特にスマートフォンの低価格市場をねらった廉価版iphone5cも同時に発表される予定です。最新の情報では、9月10日にアップルが開くとされるスペシャルイベントでこれらの新製品発表がおこなれるというのが有力な情報です。

後継機iphone5s

ゴールドを加えたiphone5s
廉価版iphone5c

iphone5c_all


搭載されるのは、フラットデザインのiOS7

今回最も注目されているのは、iphoneに搭載される最新のiOS7。
これまでのリアル感のあるアイコンからフラットデザインのアイコンになり、はじめてiOSのイメージが大きく変わります。変わるのはデザイン面ばかりではなく、新たに追加されるコントロールパネルですばやくタスクを切り替えたり終了することができたり、写真、カレンダーなどの標準アプリに初めて手が加えられ使い勝手が大きく向上するなど、革新的なOSとなる見込みです。

新旧iOS画面
iOS7は、iphone4以降とiPad2、iPod Touch(第5世代)でご使用になれます。iPhone3GSとiPad(初代)には対応しません。

iPhone5Sについて

現行iphone5の後継機iphone5Sは、液晶のサイズが変更されるとの噂もありましたが4インチのままで、外形の寸法も現行iphone5と同じで見た目には変わらないと思われます。ただし廉価版iphoneと同じく多色化が予想され、現在のホワイトとブラックの他にゴールドが追加になると思われます。

注目は指紋認証が搭載されるかどうか

iphone5Sには、指紋認証が搭載されるのではないかと噂になってます。指紋認証は、技術的な問題で製造が遅れたり、最新のiOS7 Beta5開発版では指紋認証のソースが削除されたりと、指紋認証が実際に搭載されるか不明な部分もありますが、搭載される可能性もなくなったわけでもなさそうです。

iphone5sのアップデート内容

次期のiphone5sは、A7プロセッサ搭載との噂もありましたが生産の遅れもあり、現行A6のクロックアップ版が搭載される見込みです。そのほか、カメラが800万画素から1200万画素の解像度アップがされます。同じくカメラ機能では、フラッシュLEDがデュアル化されるものと思われます。

プロセッサ A6クロックアップ版(1GHz→1.6GHz)
メモリ 2GB(1GB→2GB)
ディスプレイ 4インチIGZOディスプレイ(1136×640 / 326ppi)
GPU クアッドコアPowerVR SGX544MP4
カメラ 1200万画素(デュアルLEDフラッシュ)(800万→1200漫画素)
その他 NFC、指紋認証機能

※赤字は、現行iphone5との比較です

その他特徴

搭載されるIGZO液晶の省エネ効果により、従来よりも連続駆動時間が長くなりそうです。

iPhone5Cについて

iphone5Cはiphone5Sの廉価版として発表される予定で、主に中国や新興市場をねらった製品と思われています。ただし、日本国内でも発売される予定で、現在も併売されてるiphone4Sやiphone5に取って代わる可能性があります。

iphone5Cの特徴

iphone5Cの特徴として、背面がプラスチックボディーとなり色も5色カラーとなる予定です。サイズ的には、ボディ素材による整形の問題か多少厚みがあり背面形状はiphon5よりもiphon3GSに近い形状となる予定です。

lowprice_iphone_yellow
lowprice_iphone_blue
lowprice_iphone_green

lowprice_iphone_white
廉価版ピンク


iPhone5Cの価格

廉価版であるiPhone5Cの価格は先日twitter上でリークされ、16G バイトで349ドルであるとされています。市場では、低価格というよりも適正価格版と評価されています。

もう一つの注目点

iphone5Sとiphone5Cに関して、もう一つの注目される点があります。これは、TD-LTEと800MHzに対応するかどうかという点です。前述したとおり今回のiphoneは中国もターゲット市場ととらえてます。中国では、日本で対応するFDD-LTEに対して、TD-LTE方式となってます。TD-LTEはソフトバンクのスマートフォンのLTEであるAXGP互換で、次期のWiMAX2.1にも対応します。このTD-LTEに対応したiPhoneが発売されるとさらに日本の電波事情も大きく様変わりするものと思われます。
もうひとつ、現在800MHzのLTEは対応してませんが、プラチナバンドである800MHzに対応すれは、LTEのエリアがとてつもなく広がる可能性があります。
こちらも興味深い点です。

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
公開日:2013/08/13 カテゴリ:iphoneニュース
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑