iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

新しくなったiPad Airと同じ性能で小さなiPad miniの間でお悩みのユーザーへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 516
公開日:2013年12月12日

iPad miniが発売になって、どちらを買おうかと迷っているユーザーはかなり多いことでしょう。性能も全く一緒で大きさと価格が違うだけの大小のiPad。どちらがあなたにぴったりのiPadか。検討してみましょう

iPad AirとiPad mini Retinaの比較

共通の仕様

旧iPad miniと旧iPadではRetinaディスプレイかどうかという点ではっきりと用途・目的がはっきりと区別できましたが、最新のiPad AirやiPad mini RetinaではRetinaディスプレイ+64ビットプロセッサでその性能も全く一緒になりました。液晶はサイズが9.7インチと7.9インチでサイズが違い、解像度(画素数)は2048×1536なので解像度(画素密度)は264ppiと326ppiと異なりますがどちらも人間の目では判別不可能な違いです。

  • 液晶の解像度は、どちらも2048×1536
  • 64ビットアーキテクチャプロセッサ装備など性能も全く一緒
  • バッテリー駆動時間は両方とも10時間以上。


iPad AirとiPad mini Retinaの違い

もちろん大きさと重量は違います、
iPad Airのサイズは、240 ×169.5×7.5(mm)で、iPad mini Retinaモデルは200×134.7×7.5(mm)と高さで40mm、幅で48.2mmだけiPad Airが大きい。重量はわずか160gの違い、iPad Airが469gでiPad mini Retinaモデルが309gだ。

  • サイズ:iPad Air(240 ×169.5×7.5)、iPad mini Retina(200×134.7×7.5)
  • 重量:iPad Air(469g)、iPad mini Retina(309g)
  • 液晶サイズ:iPad Air(9.7インチ)、iPad mini Retina(7,9インチ)

※重量はいずれもWi-Fiモデルの数字です。

iPadAir_and_iPadmini2nd.jpg
図:サイズは違うもののiPad AirもiPad mini Retinaと同じく峡縁仕様となりデザイン上もほぼ同じになった

旧iPad miniはやめた方が良い

余程のことがない限りiPad miniはやめた方がいいです。両方の金額を考えた場合に、同じ16Gモデル(Wi-Fi)では、旧iPad miniは31,800円に対しiPad mini Retinaの41,900円と1万円しか違わない。Retinaディスプレイは明らかに液晶のきれいさ、文字の判読の違いがあり、さらに性能も段違いに違います。これが1万円で買えるのであれば間違いなく、iPad mini Retinaです。

iPad Airがおすすめ。でもiPad mini Retinaがいいのはこういう人!

とにかくiPad miniは情報収集ツールだと割り切れる人

iPad mini Retinaのサイズは、セカンドバックにも入るくらいのサイズです。iPhoneは確かにインターネットも新聞も電子書籍も見ることはできますが、情報収集ツールとしては難があります。かといってiPad Airではどこでもという訳にはいきません。もし情報収集ツールとして割り切って考えられるならiPad mini Retinaでもいいかもしれません。割り切れるかどうかが問題ですが、割り切るということは他の事を犠牲にできるかどうかです。よく検討しましょう。

iPadでは編集作業を行なわない人

編集といってもメモやスケジュール等の入力のことではなく、新規にiPad(mini)を購入すると、

  • iMovie(ビデオ編集アプリ
  • iPhoto(写真編集アプリ
  • Numbers(エクセルのような表計算アプリ)
  • Keynote(プレゼンテーションアプリ)
  • Pages(Wordのようなドキュメント作成アプリ)

 
これらの通常有料のアプリが無料で使えるようになりました。Mac等のパソコンをもっていればiPadでこれらの編集作業をおこなう必要はないと思います。もしやらなければiPad mini Retinaでも大丈夫です。

視力に自信がある人・短時間使う人

同じ解像度ですが、iPad mini Retinaの文字は小さくなります。iPad mini Retinaディスプレイの文字は旧iPad miniに比べると非常に明瞭で小さな文字もつぶれずに表示することができますが、視力に自信のない人にはおすすめできません。また新聞や電子書籍など長時間見る場合にも不向きです。

個人ユース・自分だけ使う

家族や仲間と一緒にみるような場合はより大きな画面の方があってますので、自分だけしか使わなければiPad mini Retinaでも間に合うと思います。

iPad miniがインターネット閲覧に不向きな理由

iPad miniを持っていてインターネット閲覧をしたことのある人はあまりいないと思いますが、iPad miniの液晶サイズはインターネット閲覧には不向きです。通常タブレットで見るWebサイトはパソコン用に作れらたページです。iPhoneの場合はiPhone用につくられた専用ページがありますが、iPadにはありません。パソコンの液晶は少なくても13インチ以上はありますので、半分以上小さいiPad miniで見ようとした場合は、通常ストレスが発生すると思います。みなさんこれにきづかずに我慢して使っているのです。iPad miniといえでも、おもわずダブルタップして画面を大きくしてたなんてことありませんか?

まとめ

独断的に、iPad mini Retinaをおすすめできる人について書きましたが、1世代目にあたる旧iPad miniが発売された当初は筆者も欲しいと思った口でしたが、踏ん切れずに買いませんでした。その時はなんとなくでした。やはりこういう記事を書くに当たり検討しましたが、iPad miniは私には中途半端であるといわざるを得ません。それはiPhoneを持ってるから言えることだと思います。初めての1台目であればもう少し違った見方ができたかもしれません。もし、私と同じくiPhoneをお持ちでしたらiPad Airの方をおすすめしたいと思います。

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
公開日:2013/12/12 カテゴリ:ipad
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑