iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

iPhone5S,全国通信速度調査結果 - 2014年2月MMD研究所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 210
公開日:2014年03月07日

LTEも全国的に整備され通信環境もだいぶ改善されてますが、2014年2月MMD研究所が全国主要都市でiPhone5Sの通信速度調査結果を発表してます。通信速度が一番速かったのはソフトバンクという結果になりました。詳細は以下

MMD研究所がおこなった調査は、2014年2月18日~3月1日に全国の主要都市等340箇所にて計測。計測地点までは公表してませんが、平均すると1都市あたり7箇所になります。
 

調査概要

調査期間:2014年2月18日~3月1日
調査地点:全国47都道府県の主要都市340箇所
調査機器:iPhone5S
調査方法:RBB TODAY Speed Test(計測アプリ)で合計3回計測して上り(UpLoad)・下り(Download)それぞれの平均値を計測
調査電波:LTE通信(全キャリアとも100%LTE電波を捉えることができました)
 

調査結果

MMD研究所をおこなった調査は、全国主要都市の駅前や主なランドマークを中心に計測しており、電波も比較的良好な地点で計測している事に注意してください
 

下り(Download)速度の速いところは

計測した結果、下り(Download)の通信速度をキャリア別に見ると以下のとおり
 

ソフトバンク(27.59Mbps) > ドコモ(23.55Mbps) > au(20.79Mbps)


 

MMD研究所の調査結果詳細
上下通信速度結果詳細

下り20Mbpsを記録した地点数

次の資料は、下り20Mbps以上を記録した地点数の多いキャリアをまとめたもので、これもソフトバンクが75%もの地点で記録しており一番でした。

speedtest_201402

 

まとめ

auとソフトバンクでは、昨年の調査による数値以上の開きがあったように感じてましたが、今年はauもLTE基地局を積極的に展開しており3月末までには日本全国のカバー率を99%以上にカバーすると発表、その割には主要都市の調査でもこんなに数値的に開いているのかと感じます。昨年9月よりドコモも参入し、三つ巴の競争となりましたが、どのキャリアも一定の水準以上に達しておりどのキャリアを使っても同じかもしれません。今年は次期の通信規格となるLTE Advance(下り100Mbps)の整備状況で競争になってくると思います。ただ、恩恵を受けるのは東京や大阪等の都市部が中心になってくるのは残念に思います。
 
この記事の詳細は、以下をご覧ください

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑