iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

【第2弾】キャッシュバック規制とその背景がわかってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 216
公開日:2014年03月14日

昨日、キャッシュバック終了するのでは?ということで執筆いたしましたが、時期は未定ですが以後キャッシュバックに規制が入るのは間違いのないところとなりそうです。

風景1

キャッシュバックが急拡大

 

やはり、現在のキャッシュバックは異常な程高額です。ドコモはiPhone5Sを3台購入すると1台につき7万円のキャッシュバック、ソフトバンクは、さらに1万円上乗せで3台で24万円のキャッシュバックしていることを改めて確認できました。auについても対抗上同様のキャッシュバックしているのではないかと予測されます。

 
MNP(ナンバーポータビリティ)を利用した場合、このあたりの大型キャッシュバックがいまや常識なのです。
 

このMNPを利用したキャッシュバックが昨年夏ごろに数10億円規模だったのが、現在200億円超までに急拡大していることが判明!

 
このキャッシュバックはいづれ私たちが携帯利用者が負担することになります。
 
MNP利用者はさらに月額料金も割引され、MNP利用者が月額2,835円~2,940円、継続利用者は月額6,555円~7,345円で、その差は実に2.5倍近くの開きがあります。この不公平さは前々から話題になっており、先月26日に開かれた総務省有識者初会合でも話題に取り上げられています。
 

キャッシュバック規制の背景

 
今週とうとう携帯各社に対して総務省から通達がおこなわれたというのが今回のキャッシュバック規制の背景となったようです。それは、以下のインプレスや日本経済新聞などで執筆活動をしている 本田雅一(本人未確認)氏(@rokuzouhonda)のツィートが暴露してます。
 

 

あとがき

今週末で大型キャッシュバックが一挙になくなるかどうかまでは不明ですが、今後は今以上のキャッシュバックはありませんし、キャッシュバックそのものもなくなる事になりそうです。
 

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑