iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

次期iPhone6の価格は大幅な値上げを検討? - アップル、携帯各社に交渉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 219
公開日:2014年04月15日

液晶が大型化する次期iPhone6の価格は大幅に値上げするかも知れない。現在2年契約で199ドルの価格が299ドルと1.5倍にする計画を検討中とのことです。

iphone6_image6

Mac Rumorsによるとアメリカの投資銀行ジェフリーのアナリストのPeter Misek氏が、

アップルは次期iPhone6の販売価格を100ドル(約10,189円)値上げするよう携帯電話会社と交渉を始めた

との情報を明らかにしました。
 
また同氏は、「現在のスマートフォン市場にはスマートフォンがあふれ返っているにも関わらず、個々の端末の差別化は非常に難しい状況です。この現状を見ると端末の値上げは無謀なことのように思われますが、ほとんどのスマートフォンが差別化に苦しんでいる中で、Android端末とは明らかに異なる『iPhone』を値上げする、というアイデアは実現可能と分析。
 
もし、アップルがiPhoneの値上げを考えているとすれば今しかないのかもしれません。次期iphoneは大画面化による大型化でコストアップは免れないところ。ある程度ユーザも納得するのではないでしょうか? 当初、携帯キャリアはこの値上げを拒否していたそうですが、iPhoneという大看板商品の前に容認せざるを得ない状況のようです。新型iPhoneの主なマーケットは日本と中国だと考えてもいいでしょう。ヨーロッパではAndroidのシェアが8割以上を占め、アメリカ本国では前年1%減。日本だけが前年比11%増(2014年2月決算時発表)、昨年最大キャリア中国移動がiphoneを扱い始め、その契約数は7億6000万。
値上げをしてもこの両国でどれだけ売れるのか肝になると思います。iPhoneの値上げは、iPadにもかならず波及することになるでしょう。4月からの消費税のアップで日本ではアップルのシェアががた落ちになりそうな気もするのですが…
 
もしこの値上げが実施されれば、最終ユーザ価格(予測)は

キャリア 現行価格
iPhone5s 16G
値上げ後 値上げ後
機種代金月額
ソフトバンク 70,080円 105,120円 4,380円
au 70,200円 105,300円 4,387円
ドコモ 72,576円 108,864円 4,536円

 
もしかすると、通信料金よりも機種代金の方が高くつくことになりそうですね。これまでの通信料と機種本体込みの販売ビジネスモデルにも変化がやってくるかも知れません。

 

文中の為替等の記述は執筆時点のものです。
rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑