iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

ドコモ、5月発表の夏モデル全機種をVoLTE対応へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 144
公開日:2014年04月20日

ドコモは、5月に発表する夏モデルのスマートフォン全機種をVoLTE対応することを発表しました。ドコモの加藤薫社長は、フジサンケイビジネスアイのインタビューで明らかにしました。

インタビューにこたえる加藤薫社長

VoLTE(ボルテ Voice over LTE)は、これまでの3G通信による音声通話をLTEによる通話に置き換える技術で、これまでよりも音声品質が向上し、かつ電波の使用効率が向上します。電波の使用効率が向上することにより一度に通話が可能になる収容数が増え、通話料金の引き下げにも効果があります。各携帯会社は、このVoLTEを導入することにより音声通話の定額制を採用する予定です。

VoLTEの採用によりパケ詰まりもなくなる?

VoLTEになると、音声通話使用時にLTEから3Gに切り替えるCSフォールバックがなくなり、この切り替え時に発生する「パケ詰まり」がゼロとなります。

ドコモの夏モデルは全機種VoLTE対応

ドコモで5月に発表する夏モデルのスマートフォンは、全機種このVoLTEに対応します。ドコモはVoLTEの導入をソフトバンクやauに先駆けて導入することになります。iPhoneの場合、次期iOS8でこのVoLTEに対応するとの噂がありますが、現行機種のiPhone5S/5Cがそのまま対応するのか、次期iPhone6で対応するのか現在のところまだ不明です。

VoLTE対応時の料金はどうなる?

ドコモの加藤薫社長は、このVoLTE導入には基地局等の設備費用がかかるが、6月から導入する新料金プランで対応する事なることも合わせて明らかにしてます。ドコモの新料金のカケホーダイは月々2,700円で携帯や固定電話およびキャリアにかかわらず定額で制限なしに通話が可能になります。これらの通話定額にはこのVoLTEの技術がかかせないものになってます。
 
この記事の詳細は
ドコモ、LTE通話を6月開始 スマホ夏モデルで対応、新料金プランも (1/3ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑