iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

iphoneにもほしいATOK - 至上最強の漢字入力変換システム「Super ATOK ULTIAS」開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 349
公開日:2014年04月25日

ATOK(エートック)を知っているスマホユーザは思ったより少ないかもしれません。入力した文章をほぼまちがなく漢字変換してくれる至上最強の漢字変換システムがあります。


4月24日、富士通株式会社は株式会社ジャストシステムと共同開発した「Super ATOK ULTIAS」のプレス発表をしました。プレス発表では、今回発表した本システムを富士通のスマートフォンやタブレット等、富士通の各種タッチデバイスに搭載していくことを発表しました。
 
スマートフォンだけでなくMACなどのパソコンをお使いになるユーザならATOKの漢字変換システムの素晴らしさは知っていると思いますが、ATOKは入力した文章をほぼまちがいなく漢字カナ交じりの文章に変換してくれます。筆者は以前からiPhoneにもぜひ搭載してほしいと願っていたですが、iOSと相性がわるく搭載不可なのです。今回もiPhoneは対象外ですが、世の中にはこんなシステムもあるんだと知っていただければと思い記事にしました。

ATOKの漢字入力が最強の理由

ATOKは文章を理解して最適な漢字に変換してくれる

ATOKはなぜ最適な漢字に変換できるかという点ですが、ATOKは入力した文章を正確に文節に区切り文章を理解してから漢字に変換します。

予測変換を装備

ATOKは入力した文章をリアルタイムに解析し、次に入力されるべき文字や漢字を予測して表示してくれます。だからユーザは表示された候補から選ぶだけで入力がスムーズ。

予測変換と正確な漢字変換の例

予測変換と正確な漢字変換の例

ユーザの入力ミスを検知し修正してくれる

入力ミスをした場合正しい漢字に変換できなくても当たり前ですが、ATOKは明らかに入力ミスをした場合でも自動的に修正、正しい漢字や文章にすることができます。
例、おねぎあ → お願い くいてき → 快適 てんしゃ → 電車など

ユーザの変換を学習

人によって変換する漢字が違ったり、技術文章など特殊な変換をした場合、その変換を自動的に学習し、次回からは変換候補を変えてくれます。だからATOKは使い込めば使い込むほどさらに使いやすくなっていきます。

辞書の登録内容が半端ない

地名や人名、単語などの辞書登録数が半端ないほど豊富なので、日常的に使われない漢字でも正確に変換することができます。

英単語についても例外でなく、日本語から英単語に変換します。
例、

契約 contract 確認 confirm
アーカイブ archive 約束 commit
メタボ metabolic syndrome jカラバリ color valiation

 

その他、郵便番号から住所変換なども

ユーティリティー的な変換方法として、郵便番号から住所地名への変換等もATOKなら可能です。

ATOKは、入力した文章を理解し、入力ミスしても正しく変換することができ、豊富な辞書登録により日常的に使わない漢字でも大丈夫。英単語さえも登録してあります。一度使った漢字は自動的に学習、次回から最適な漢字に変換。これはもう至上最強としか言いようがありません!

音声入力でキーボードレスが実現できるかも

スマートフォンも含めパソコン等でキーボードは必要悪と思います。キーボードがあるだけでこれらのデバイスがどれだけ疎外されているか? キーボードは本来必要はないものです。もしATOKのような完璧なシステムがあればキーボードレスが将来実現できるのではと思うほどです。

「Super ATOK ULTIAS」のプロモーションビデオを紹介

ATOKの素晴らしさはご理解いただけましたでしょうか? ぜひATOKをiphoneに導入してもらいたいと思うのですが、最後に今回開発された「Super ATOK ULTIAS」のプロモーションビデオを紹介しますので、ご覧になってください。

 
富士通株式会社によるプレスリリース記事は、以下

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
公開日:2014/04/25 カテゴリ:早ミミ情報局
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑