iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

ドコモ、VoLTEスマートフォン使用する場合の6つのポイントを理解する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 149
公開日:2014年05月26日

ドコモで今夏発表されたVoLTEスマートフォンを、早速使ってみようと思っている読者さんに使用するまえに6つの重要なポイントがあるので紹介しましょう。

20140514-230131.jpg

6つの理解しておくポイント

1.サービスの開始時期について

ドコモでVoLTEのサービスを開始するのは、6月下旬を予定しています。先日発表した2014の夏モデルのスマートフォンは全機種このVoLTEに対応していますが、まだVoLTEを使って通話することはできません。これらの機種はVoLTEサービスが開始するまでに、ソフトウェアアップデートをすることによって初めて使用可能となります。

2.VoLTEはXiエリアのみ

VoLTEは、LTE通信の場合に有効となります。ドコモで言えばXi(クロッシー)エリアでの対応となります。VoLTEによる通話は、発着信双方の端末がVoLTEに対応している場合、および両方ともLTEエリア内である場合に利用可能になります。移動中、どちらかが3Gのみのエリアに入った場合はこれまで通り3Gによる通話に切り替わりますが、VoLTEへの復帰はしません。

3.VoLTE同士の場合には、発着信が高速になり高音質な通話が可能

VoLTEの特徴として、発着信が高速化されることと高音質な通話が可能となりますが、こちらもVoLTE対応端末同士の場合にしか有効となりませんのでご注意ください。

4.他キャリアへの通話

ドコモのVoLTEのサービス開始は前述のとおり6月下旬からとなりますが、auの対応は今年中となってますが、ソフトバンクのVoLTEはまだいつになるかわかってません。当面はドコモ同士の対応となりそうです。

5.110番,118番,119番への緊急通報も可能

VoLTEであっても、緊急通報用の特番(110番,118番,119番)へはこれまで通り可能です。
※118番は海上での事件・事故用の緊急電話番号です。覚えておくと役に立つかもしれません。

6.音声定額とVoLTEは関係ない

6月から始まるドコモの音声定額「カケホーダイ」はVoLTEでなくても利用可能なプランです。お間違いなく。

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
公開日:2014/05/26 カテゴリ:キャリア
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑