iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

WDC2014は、OSX YosemiteとiOS8の発表がおこなわれました。今日の発表内容をおさらい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 416
公開日:2014年06月03日

本日午前2時からアップルのWWDCが開催されました。会場の様子と発表内容を速報します。

いつものように、アップルのCEOティムクックが時間通りに登壇。
最初に発表内容に合わせるかのように、スクリーンにはOSX,IOS,DEVのアイコンを表示。
どうやら、今年はその名のごとく開発者向けにMAC用のOSXとポータブルデバイス用のIOS、そしてDevelopのDEV?。
※期待していたハードウェアについては、最後まで発表になりませんでした。

20140603-053221-19941350.jpg

OSX10.10はYosemite(ヨセミテ)

新しく発表されたMac用のOSXは、米国カリフォルニア州のヨセミテ国立公園の名称が仕様されるOSX Yosemiteと名づけられた。同OSXのバージョンは、10.10です。OSX Yosemiteの概観は、iOS7で採用されたフラットデザインに近づくよう、デザインとアイコンが一新されてました。

OSX Yosemite

・通知センターから直接各オペレーションができるようになった

メッセージを下にドラッグするとテキストフィールドが表示され、ここから返信をできるようになりました。・メールアプリのUIを変更
メールをスワイプして各フラグの設定が出来るようになった

・マークアップ機能

画像をPDF化して文字や図形を追加し、編集後の画像をアプリで共有することが出来るようになりました。

・SpotLight機能が強化

検索する範囲が広がり、アプリ、連絡先、ドキュメントの検索に加え、ウィキペディアなども検索できるようになってます。

・Safariは大幅に高速化した上に省エネ仕様となりました。
・Macで通話が可能に

iphoneはMacと連携し、Macで通話できるようになりました。ただし、iPhoneto
MacはBluetoothで接続しておく必要がります。

・iCloud Drive

iOSとOSXやWindows等OSを問わずにiCloud Driveを通して文書の受け渡しができます。

・AirDropがついにiPhoneとMac間で利用可能に
・OSX Yosemiteも無料で配布が決定

 

iOS8

・iOS8の通知センターもOSXと同じく直接オペレショーンが可能に
・タスク管理画面にこれまでのタスク以外に、連絡先の一覧が表示されるようになった

ホームボタンのダブルクリックで表示されるタスク管理画面は、これまで起動中のアプリが一覧表示されていましたが、これに加えて連絡先に一覧が表示され、直接通話やメッセージの送信ができるようになってます。

・SpotLight機能が強化

これもOSXと同様に検索する範囲が広がりました。

・QuickTypeの装備

日本語漢字変換のATOKと同じような予測変換をするようになり、文脈やワードから次にくる変換を予測する上に、ユーザーの癖を学習して変換します。(iOS8の日本語入力はこちら)

・Continuty

OSXとiOSの間で作業継続する仕組み。このContinutyは非常に作業効率を上げられるようになります。たとえば、iPhoneで途中までメールを作成した場合、もしMACが同一ネットワーク内にあれば、iPhoneの状態を検知し、メールの残り作業をMACでシームレスに継続できるような使い方ができます。(Continutyはこちら

・健康管理のための標準アプリHealthKitとHealthが追加

HealthKitは全体のデータを管理し、Healthは個別のデータを扱うアプリです。

・スマートホームを実現するためのAPI「HomeKit」を装備
・Tap to Talk

ワンタッチで音声メッセージや画像、ビデオ、位置情報などメッセージに添付できる機能。

・iMessageのグループ機能

グループに名前をつけたり、グループ毎に通知をオフにしたり時間指定でオン・オフを切り替えるなどの管理機能を付けられます。

・ファミリーシェアリング

ひとつのクレジットカードでコンテンツの購入管理ができるようになりました。

・写真編集を強化

端末が自動で画像の状態を認識し、自動でトーンカーブや明るさ、色調などを調整してくれるようになります。手動も可能。

・Siriの機能アップ

CarPlayのハンズフリーを想定し、Siriに話書けるだけでSiriを起動できたり、音楽を認識し楽曲情報を検査kうしたり、購入ができるようになります。

・iOS8対応デバイスはiPhone4s以降

iOS8の対応するiPhoneは4S以降で、iPadは2世代目以降。

・iOS8の一般向けのリリースは今年秋と発表
iOS8の対応デバイス

iOS8の対応デバイス

開発環境

・開発言語「Swift」が発表

ObjectiveCにかわり、iOSアプリ開発用の言語「Swift」を発表しました。

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑