iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

今年もiphoneに在庫不足の警戒感あり!? - 液晶生産に遅延

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 337
公開日:2014年08月26日

あと2週間足らずで発表となる見通しのiPhone6。昨年、一昨年と新型iphoneの発売直後には在庫不足が続きましたが、今年ももしかすると在庫不足となる警戒感がでてきました。

次期iPhone6コンセプト画像

今年のiPhoneの発表はどうやら9月9日(火)におこなわれそうです。あと2週間に迫ってきました。もし予定通りだとすると来週にはプレス向けの招待状が届き、店頭に並ぶ準備を考え中のユーザーもいるのではないでしょうか? もう気分はそわそわですね。

アップルの初期出荷は7,000万台以上

アップルの主力商品のiPhoneは毎年モデルチェンジをおこなっており、新製品を出すたびに倍々ゲームのごとく出荷台数は飛躍的に伸び続けています。昨年のiPhone5S/5Cの初期ロッドの発注は5,000万台~6,000万台だったと言われていますが、今年はそれを上回る7,000万台~8,000万台を発注済みのようです。今年から参入したチャイナモバイルの分もあると思いますが、それにしてもアップルは強気の予想をしています。これだけあれば十分に市場に行き渡りそうですが、どうやら今年も例年どおり在庫不足となりそうな予感がします

iphone5/5Sと2年続きで在庫不足に

一昨年のiphone5の発売、そして昨年のiphone5Sと2年続いてアップルは発表直後にiphoneの十分の在庫を供給できず一般に手に入れられるように店頭在庫できるようになるには1~2ヶ月程度かかってしまいました。iphone5の際は、液晶を生産するシャープの生産の歩留まりが悪く生産が間に合わず、iphone5Sの際は同時に発表されたiPhone5Cとの販売予測を失敗し特に人気のiPhone5Sゴールドは発売2日目にしてアップルは急遽増産指示を出しています。通常販売直後1~2ヶ月は初回生産で間に合わせますので異例中の異例の事です。そして、今年の新型iphone6はもっとも生産ラインがフル稼働しなければならない6月~7月にかけて生産停止していたことが明かになりました。

液晶生産の一部に遅れ

8月22日ニュースサイト:ロイターの記事によると、

iphone6をさらに薄型にするためにアップルはこれまで2枚使用していた輝度向上フィルム(BEF)を1枚にしたため、設計変更となったバックライト部品の供給が滞り、液晶を生産が6月~7月にかけて停止していた

と報じた。液晶の生産は、ジャパンディスプレイ、シャープ、LGディスプレイの3社が担当しており、4.7インチはシャープが生産、4.7インチおよび5.5インチはジャパンディプレイとLGディスプレイが生産する。

参考

供給が遅れたバックライト部品?

供給が遅れたバックライト部品?

JDI、シャープともお盆返上でフル稼働

液晶の生産を担当するシャープやJDI(ジャパンディプレイ)は、今年のお盆返上で工場をフル稼働で増産体制を組んだようです。現在、2種類の液晶サイズのiphone6が発表されるようですが、4.7インチ版の発売は9月19日となる予定ですが、5.5インチ版は1ヶ月程度は遅れそうな噂があります。せめて4.7インチ版だけでも十分な在庫を確保して欲しい所です

参考

あとがき

恒例行事となるiphone発売日に手に入れるための店頭の行列は、一種お祭りのような盛り上がりもありますが発売日にいち早く手に入れたいユーザは避けられそうにない状態です。会社の都合でどうしても行例出来ない場合でも、もしWEB予約を受け付けるのではあれば、WEB予約開始時刻後2時間以内を目指してください。なんとか当日もしくは2~3日以内に手に入れられるかも知れません。

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑