iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

またもiOS8に致命的なバグ発見 – あなたのバックアップが消えてしまう!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 221
公開日:2014年10月01日

前回iOS8.0.1のアップデートで通話ができなくなる致命的なバグ付きのバージョンをだしたiOS8ですが、今度はiCloud Driveのデータが消えてしまうバグが発見されました。

このバグはMacRumorsによって9月29日に報告されました。そのバグの内容は、

すべての設定をリセット”を実行すると本来iphoneのみ初期化されるはずが、iCloud Drive上のデータも消えてしまう

というもの。

たぶん、ほとんどの方は使った事がないメニューだと思います。

すべての設定をリセット

これは前述のとおり、iphoneの内容をすべて消去し、購入状態に戻すためのもので、順調なiphoneライフをしていればやったことないというのが当たり前のものですが、例えばどうしても動作がおかしいなっていう場合や原因不明の再起動を繰り返す場合などショップやアップルサポート等でアドバイスされて、最終的な改善策として実行するぐらいのものです。
私の場合、iMessageがアクティベート中となり復帰しなかった場合に利用したことがあります(記事はこちら)。

実行の手順は、iphoneのホーム画面から[設定]>[一般]>[リセット]>[すべての設定をリセット]となります。実行の画面イメージは以下

iphone-reset-all

バックアップを消す致命的なバグ

通常は、このメニュー実行の後にiCloudにApple IDを入力してiCloudに接続するとiphoneのバックアップ内容が復元され、iphoneは元通りとなる予定なのですが、iCloud Drive(iOS8から導入された)上の一部のデータ「iWorkで作成したドキュメントファイル」が「iCloud Drive」上から削除されてしまう致命的なバグがあると報告されました。まちがっても試しにやってみよう!なんていう不埒な考えを持ってはいけません。
他のバックアップ(※)をしていない限り復旧の方法がないからです。ゆえにこれはたいへん致命的です。
※他に、itunesでコンピュータ上にバックアップを保存する方法があります(私のお薦めです。itunesにバックアップする方法はこちら)。

あとがき

携帯なのに通話ができなくなるアップデートや本記事にように、唯一のバックアップを消してしまうバグ、パスワードを表示してしまう予測変換(次回予定記事)等これまでのアップルらしくない致命的なエラーが最近続いています。ぜひ改善してください>アップルさん

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑