iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

今朝のアップル製スペシャルイベントのダイジェスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 413
公開日:2015年03月10日

今朝、アップルのスペシャルイベント「Spring Forward」が開催されました。アップルの年に一度開催するWWDCよりも充実した発表会となりました。

018de282649170aee231da79643c2003e6d59e1f14_00001

今日のイベント内容をダイジェストで!

会場は、サンフランシスコのイエルパ・ブエナ芸術センターで音楽ホールのような小劇場というような感じの会場で、予定より5分遅れの日本時間2:05からおこなわれました。

※私の環境により配信が遅れただけのようでした。実際にはちょうど2時から開催していました。

最初の製品発表は「AppleTV」。詳細なスペックなどの話もなく、いきなり値下げの話となりました。既に日本のアップルストアで仕様を確認したところ現行の第3世代のAppleTVと同じくA5シングルコアのプロセッサで、どうやら新製品というよりも値下げの発表のようです。詳細は後日確認したいと思いますが、価格は$99から$69ドルとなり、日本では8,200円(税別)で、本日から販売しています

017071372394211b515cf537769ebf8c671e133e74_00001

次に発表されたのがMacBook Air 12インチ。アップルのCEOティムがいきなりMacBook Airを抱えて登壇すると、思わずその薄さに身震いがしてしまいました。最厚のヒンジ部分で13.1mm。重さは2ポンド(約900g)。

018a8d23e424fc691f58f0aee2831b0d55f2d1e30c
015a22952caf667f61875f4614748afdcc51d330bd_00001

液晶には、Retina Displayを搭載し、解像度は2,304×1,440の12インチ。

016be238885eb4e46f98ddd2fcd637c172d9d561ef_00001

MacBook初のファンレス設計

01f11bbcc86354340ba54dd6cdac7cce4762d65a8c_00001

CPUは、Intel CORE M 1.3GHz、最大負荷の場合は2.9GHzで動作します。

017b8dfbad8272d36a0f9e540847ac72f5c594c67e_00001

カラーはご覧のようにゴールド色を加えて3色構成となりました。

MacBookAir_12inch_244

トラックパッドは、ForceTouch(感圧式タッチ)を採用。クリックボタンは省略されトラックパッドのどこでもクリックをすることが出来ます。

0194c52071ab9f7bf9ff6efa8613f262aa6fad555f_00001

発売日は2015年4月10日。価格は、1299ドル(約15万7500円)と1599ドル(19万4000円)。

MacBookAir_12inch_245
MacBookAir_12inch_244

そして、お待ちかねの「Apple Watch」が登場。真っ先にお伝えした事は、日本も第1次の販売に加わり、事前予約が4月10日から、販売は4月24日となりました。

01e64c8599fe01e68918f4b8fc7a8062eda708c91c_00001

Apple Watchの時計フェイスは以下のアナログ表示、デジタル表示等を含め様々なタイプを選択可能

015917218d19921cb3620c1a8e13efc8612b5980be

中でも以下のディズニーキャラクタは足の部分がアニメーションとなっており、床を踏みつけるような動作をしていたのが面白かった。

0162625edd9dfe1866bb08839dce23e041c1ca8fab_00001

気になるバッテリーですが、事前の噂では3~4時間でしたが、予測を大きく裏切り18時間稼働可能です。ただ、使用状況で大きく変化することから場合によってはそれほど期待できない事も考えられます。

015917218d19921cb3620c1a8e13efc8612b5980be

実際に電話を受け答えする場面では、かなり顔から話した状態でも通話することが可能で、Apple Watchに顔を近づけるようなこともありませんでした。

012af5d88aa18bab24c13c0ac353b1bd1d065a7b9b_00001

やはりApple Payに対応しており、クレジット決済は可能

01e3abfd3fb4c59366db9ba508e14090c839919c3a

その他、会場ではいろいろなデモやビデオが流されました。

01eb9b4655b05f698120ec0655788adc1821901310
0102ba06bb824021c062bb87b47df1a0266faee0ff_00001

価格は以下の通りで、Apple watch sportsは10種類、Apple watchは20種類、Apple watch Edition8種類から選ぶことが出来ます。

apple watch sports 42,800円~48,800円(税別)
apple watch 66,800円~132,800円(税別)
apple watch edition 1,280,000円~1,880,000円(税別)

見終わった感想

冒頭のように毎年6月に定期的におこなわれるWWDCよりも充実した感じがしました。それは、事前の噂を大きく裏切り良い方向で製品を出してくれたことが大きいかも知れません。1つにMacBook Airのその薄さや大きさは、iPadと同等レベルにまで仕上げられており、iPadはもういらないんじゃないかとさえ思えました。また、Apple Watchは、内容的には事前の噂通りの機能であまり関心も向きませんでしたが、こちらはやはりバッテリーの改善と日本も同時に発売してくれた事が大きなインパクトであったと思います。さすがはアップルの製品づくりの真髄を垣間見た思いです。

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
公開日:2015/03/10 カテゴリ:Apple Watch
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑