iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

Apple Watch後の初のOSアップデートをリリース、インストールの方法や改訂内容について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 218
公開日:2015年05月22日

アップルは、先月発売となってからApple Watch OSの初のアップデートをリリース。バージョンはWatch 1.0.1となりました。ここでは改訂内容やインストール方法を紹介します。


もうApple Watchは使いこなせていますか? Apple Watchにはこれといった目立ったバグは見受けられないようですが、Watch 1.0.1では、絵文字に対応したほか屋外でのウォーキングやランニングの距離とペース測定の精度向上がなされています。

Watch OS 1.0.1の改訂内容

改訂内容は以下のとおり

パフォーマンスの向上

Siri
スタンドアクティビティの測定
室内自転車および室内ローイングワークアウトのカロリー計算
屋外ウォーキングおよび屋外ランニングワークアウトの距離とペース
アクセシビリティ
他社製App

新しい絵文字の表示サポート

言語の追加

ポルトガル語(ブラジル)
デンマーク語
オランダ語
スウェーデン語
ロシア語
タイ語
トルコ語

Apple Watchに追加された絵文字

追加となった絵文字

https://support.apple.com/kb/DL1812?locale=ja_JPより

インストールの方法

さて、今回初めてのアップデートとなりますので、インストール方法を紹介致します。
インストールは、iPhoneとペアリングされている状態でおこないます。もしペアリングされていないとアップデート出来ませんのでご注意ください !

アップデートはiphone上の連携アプリApple Watchアイコンを選択します。iphoneのアップデート時のように、[設定]アイコンからではありません。

アップデートはApple Watchアプリより実施
よく見慣れた感じの画面が表示されると思います。ここで[一般]を選択してください
一般を選択!
次に[ソフトウェア・アップデート]を選択します。
ソフトウェア・アップデートを選択
後は、iphoneのアップデートと同じようにアップデート開始時の以下の画面が表示されますので、アップデートされるWatch OSのバージョンを確認して、[ダウンロードとインストール]をタップしてアップデートを実施してください。アップデートのサイズは51.6MBとなっています。
アップデート実施画面

アップデート時の注意事項としては、前述したiphoneとのペアリング状態の確認の他、これまでと同様に途中でバッテリー切れとならないように、iphoneおよびApple Watchともにフル充電でおこなった方が確実かと思います。
rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
公開日:2015/05/22 カテゴリ:Apple Watch
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑