iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

au夏モデルのベンチマーク比較 – 残念ながらAquosは実力発揮できず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 417
公開日:2015年05月25日

先日発表になったau夏モデル。最新のSnapdragon810オクタコアをCPUに搭載した最新のスマートフォンの実力が気になるところ。はたしてその実力の程は?

au夏モデル


Buzzapさんがau夏モデルをAndroid用のベンチマーク「AnTuTu Benchmark」で測定して結果を掲載していたので、紹介しよう。各モデルは、実機ではなくテスト機で測定したようです。

各モデルの総合スコア

各モデルのCPUと総合スコアのみを記載した。

モデル CPU CPU構成 総合スコア
AQUOS SERIE SHV32 Snapdragon810(MSM8994) 2.0GHz クアッドコア + 1.5GHz クアッドコア 28094
HTC J butterfly HTV31 Snapdragon810(MSM8994) 2.0GHz クアッドコア + 1.5GHz クアッドコア 52595
isai vivid LGV32 Snapdragon808(MSM8992) 1.8GHz デュアルコア + 1.4GHz クアッドコア 46951
Xperia Z4 SOV31 Snapdragon810(MSM8994) 2.0GHz クアッドコア + 1.5GHz クアッドコア 52084
GALAXY S6 edge SCV31 EXYNOS7420 2.1GHz クアッドコア + 1.5GHz クアッドコア 70073
TORQUE G02 MSM8928 (1.4GHz)クアッドコア 19047
(参考)iphone6 A8 1.4GHz 2コア 45751

最速はGalaxy S6 Edge

ダントツの最速を記録したのは、総合スコア70073のGalaxy S6 Edge。CPUはクアルコム社のSnapdragonではなく自社製のEXYNOS7420というCPU。何が効を制したのか、特筆することは唯一、14nm FinFETプロセスで製造されていることだろう。CPUのスピードもコア数も、内蔵するメモリーもほぼSnapdragonと変化は見られない。Snapdragon810は、20nmプロセスルールで、EXYNOS7420はこれの一段階集積度合いがたかい14nmであるだけだ。それにしても他から頭一つもに二つの飛び抜けた結果を残した。ちなみにこの両者の内蔵メモリーはLPDDR4で、iphoneだと次期のA9プロセッサに採用される予定のものです。

Aquosの結果が合点のいかない結果

次に目を引くのが最新のSnapdragon810を搭載したAquos SHV32の遅さだろう。おなじSnapdragon810を搭載したXperiaやHTCが52000前後のスコアをはじき出しているにもかかわらず、わずか28084。記載ミスではないのか不思議なくらい。参考に載せたiphonew6 A8プロセッサ(1.4GHz デュアルコア)の半分近い。後日実機で計測すると変わったスコアが出るかも知れない。

iphone6のスコアは45751

ちなみに測定につかった「AnTuTu Benchmark」はiOSアプリとしてもリリースされている。Android版がバージョン5.8に対して、iOS版は5.2ではあるが、さっそくダウンロードして自分のiphone6で計測てみたところ、総合スコアは45751。スコアだけ見ると昨年のAndroid機の平均値くらいで、Galaxy note4とおなじくらいで、Nexus6よりは若干遅い位の数値。やはり今年のSnapdragon810搭載のAndroid機には負ける。

「AnTuTu Benchmark」ベンチマークの内容

総合スコアのみ記述しましたがそもそも「AnTuTu Benchmark」の測定項目はどんなものだったのか、記述しておこう。

  • マルチタスクスコア
  • Dalvikスコア
  • 整数演算スコア
  • 浮動小数演算スコア
  • Single Thread integer
  • Single Thread float-point
  • Ram演算能力
  • Ram速度
  • 2Dグラフィックス
  • 3Dグラフィックス
  • ストレージのi/o速度
  • データベースのi/o

マルチタスクやDvlvikはCPUの処理能力で、整数や浮動小数点等の計算の計算スピード、内臓メモリー(RAM)の読み込み速度、2D/3Dのグラフィック表示スピードおよびi/o速度等トータルでモバイルデバイスの処理能力を数値化して見られるものです。数字が高い程処理能力が高い事をしめしています。

あとがき

ドコモはじめ、auもソフトバンクも夏モデルを発表し、これから発売になります。もう購入機種はお決まりですか? スマートフォンはなにも速度だけの問題ではなりませんが、この記事を参考として読まれると良いでしょう。

 

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
公開日:2015/05/25 カテゴリ:携帯会社
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑