iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

あなたのiPhone6SはTSMC製?サムスン製? 重大な性能差が存在!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 250
公開日:2015年10月09日

iPhone6Sは内部に搭載されているプロセッサA9がTSMC製かサムスン製かで、重大な性能差があるのをご存じだろうか? これ結構話題になっているので必見です。

IMG_1971.JPG

2つのメーカーのチップが存在

iPhone6S/6Splusの心臓部には、2種類のメーカーのA9プロセッサが使われています。台湾のTSMC社と韓国のサムスン電子社製です。同じiPhoneに搭載されていながら、製造技術が異なりサムスンの方が最新技術を使い、TSMCは16nmプロセスで製造とサムスンが14nmプロセス製造してます。またこれによりチップのサイズもTSMCの方がやや大きくなっていますA9チップサイズの違い

重大な性能差が存在

同じiPhone6Sという製品なのに、この2つのA9チップにより重大な性能差が生じています。それはバッテリー駆動時間です。モバイルユーザにとって、処理速度と同じくらいに重要なバッテリーの駆動時間。どのくらいバッテリーが持つかですが、GeekBenchというテストによるとTSMC製の方が2時間近くもバッテリー駆動時間が長かったと報告されています(テスト機はiPhone6Splus)。どのようなテスト内容なのかわからないので、分母がいくつなのかわかりませんが、カタログから類推すると連続負荷状態としてもせいぜい10時間くらいのものではないでしょうか?かなり大きいです。

Geekbenchのバッテリーライフ測定テストの結果。左がTSMC製チップ、右がサムスン製チップ搭載モデル

Geekbenchのバッテリーライフ測定テストの結果。左がTSMC製チップ、右がサムスン製チップ搭載モデル

別のテストベンチアプリでも同様な結果が!

iPhoneの性能を計測するテストベンチアプリにAuTuTuというものがあります。このAuTuTuテストベンチでは、JavaScriptと使って動画再生をおこなった場合のバッテリーの残りを計測していますが、TSMCが66565、サムスンが65695で、TSMCの方が多く残っています。上記のGeekBenchのテスト結果に比べるとほんのわずかですが、やはりTSMCの方がバッテリ駆動時間は長いという結果です。

AnTuTuベンチマークテスト

AnTuTuベンチマークテスト終了後のバッテリー残量に注目。TSMC製チップ(左)の方が、バッテリー残量が多い

iPhone6SはTSMCを購入したいところだが…

こうなるとどうせ買うならTSMC製iPhone6Sを購入したいところですが、車を買うのと同じで当たりはずれがあると思うしかありません。日本の場合、このTSMC製とサムスン製のモデル別シェアは、iPhone6Sがほぼ同数、iPhone6Splusの場合はTSMC製が74.07%とiPhone6Splusの方が断然多くなっています。やっぱりiPhone6Splusを買う!?

モデル別シェア(日本)

さて、あなたのiPhone6Sはどっち?
この記事に最も関連するリンク
rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑