iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

iphone7のデザインは洗練されたものになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 245
公開日:2016年02月05日

普段ケースを付けて持ち歩いていると気にならないと言えば気にならないことですが、裸のiPhoneのデザインはアップルらしくな不細工なできです。

このiPhoneのデザインは、今年の秋にでるiPhone7で洗練された物になりそうです。海外のiPhone情報サイト「MacRumors」によると以下の2点のデザイン変更がおこなわれるということでした。

1.背面のカメラの出っ張りがなくなりフラットになる

なぜ、背面のカメラが出っ張っているのかわからない人もいるでしょう。iPhone5Sまでは背面カメラは本体に収まっていますが、iPhone6からは本体を薄くしたために、背面のカメラの下記の画像のように本体から出っ張っているのです。デザイン上も非常によろしくなく、かつ机等に置いた場合にキズがつかないかどうか心配になる問題もあります。このカメラの出っ張りは次期iPhone7ではなくなりそうです。

iphone6や6Sの背面のカメラは本体から少し出っ張っています

iphone6や6Sの背面のカメラは本体から少し出っ張っています

MacRumorsでは詳しくは伝えていませんが、昨年7月公開されたアップルのカメラモジュールの特許が関係しているかも知れません。この特許は、球状にカーブした新フォトセンサーと3枚のレンズの組み合わせによりわずか2mmのカメラモジュールが開発できるものです。iPhone7ではこの特許技術により本体をこれまで以上に薄いものにしても本体から出っ張らなくなるからではないかと思います。

Apple invention uses spherically curved photosensor for smaller, better iPhone camera.
by appleinside

特許を取得した新カメラモジュール図

特許を取得した新カメラモジュール図

2.Dラインがなくなる

iPhoneの背面を見るともう一つ不細工な点が見つかります。これがDラインの呼ばれる電波を内部に呼び込むための本体上下にあるアルファベットのDのように見えるプラスチックのライン。これはiphoneの本体は金属でできているために、このようなプラスチックでできた電波の通り道を作らないと電波の入りが悪くなるために設けているもの。これがiPhone7ではなくなるということです。ただ完全にはなくならないようです。以下の画像は先日流出したiPhone7モックアップ画像です(この通りになるとは限りませんが)。

Dラインとカメラの出っ張りがなくなり背面のデザインはかなりスッキリしました

Dラインとカメラの出っ張りがなくなり背面のデザインはかなりスッキリしました

(via ITMedia)

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑