iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

iphone7はUラインへ、アップルにしてもこの問題は解決できないのか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 323
公開日:2016年03月15日

iPhone7の画像がまたリークされた。気になるのは、あのiPhoneの裏にある不細工なDラインだが、iPhone7ではUラインに変更になるらしい。

iPhone7は1本線を排除し、Uラインへ

iPhone7はUラインになる – この問題?は、結構あちこちのブログで取り上げられているのでご存知の方のいると思いますが、iPhoneは金属製のボディでできているので、4Gの電波をiPhoneの内部へ取り込むためにDライン(アルファベットのDの形にiPhoneの上下に樹脂でつくった線がデザインされている形状)が設けられている。私だけではないと思うが、なんとも不細工でデザイン上よろしくない。これがiPhone7では以下の写真のように1本線がなくなりUラインとなる(らしい)。

1本線がなくなっただけでデザイン上大差がない、アップルにしてもこの問題はクリアできないのか?

iPhone7はUライン?

iPhone7の上部にあるUライン

iPhone4はスリットだけ

iPhone4からのユーザなのでそれ以前のiPhone3GS時代はわからないが、このアンテナ問題は、オール金属となったiPhone4から発生している。ただオール金属となってしかも表面がガラス加工されたiPhone4を初めて見たときから、その美しさにほれぼれとし一挙に目を奪われてしまった。それ以来のiPhoneユーザなのだ。

もちろん即刻iPhone4を購入したが、さっそく問題がでた。覚えている方もいるとおもいますが、iPhoneの持ち方によって電波を受信したりしなかったりするという問題だ。アップル純正のパンパーケースをつけると改善されるとも噂になっていた。このiPhone4やiPhone4Sには、アンテナ問題に対処するためiPhoneの側面に3か所から4か所のスリット(切れ込み)が作られていた(下図)。赤で囲ったやつです。

iphone4/4sの側面にあるアンテナ用の切れ込み画像

iPhone4や4Sの背面は見ての通りすっきりしたものです。

iPhone4Sの裏面画像

iPhone4Sの裏面画像

iPhone5/5Sはまだまし

iPhone5になり新しくLTE電波に対応するようになった。LTE電波の対応のためかiPhone4/4Sのスリットだけでは問題となったらしくはじめてDラインらしくデザインが採用されるようになったが、Dラインはすべて樹脂で作られており、現在よりはちょっとはましで、その当時は全くと言っていいくらい気にはなりませんでした。

左側がiPhone5、右側がiPhone5S

左側がiPhone5、右側がiPhone5S

iPhone6以降とても不細工になった

いよいよDラインの登場です。不細工不細工といってますが、実際はiPhoneケースをつけてますのでほとんどiPhoneの裏をみることはないので、気にならないっていえば気にならないんですが、おまけにカメラのレンズまで出っ張っている。アップル至上最悪のデザインです。またiPhone5の方がましだったのに、iPhone6で丸みを帯びたボディがDラインになった原因かもしれませんね。

とうとう出現したDライン

とうとう出現したDライン

iPhoneのデザインは最高じゃなくちゃ!

たかが電波されど電波。でもそれは命綱ともいうべきもの。DからUへ変わるかもしれないが、全然満足なんてできない。アップルにしてもこの問題は解決できないのか? ぜひ前向きに検討してほしい!

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑