iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

サイト内を検索する
Loading

au「データ定額1」のお得なのかを検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 237
公開日:2016年03月16日

auの「データ定額1」が3月23日から提供されることになった。実際このデータ定額1はお得なのかを検証してみた。

au田中社長

データ定額1とは

昨年12月に決まった総務省の携帯料金値下げ案のひとつで、小容量で月5,000円程度の新料金プランを各社が導入することになった。auのデータ定額1(月額2,900円)は、データ通信容量が1GBまで使用できて、1回5分以内の電話かけ放題の「スーパーカケホ」(月額1,700円)と組み合わせることができる。その他LTE.NET(月額300円)が必要なので、合計4,900円となります。

毎月割やデータくりこしに対応不可

データ通信をあまり使わない人向けのプランで低料金だが注意も必要。データ定額1には、あまったデータ通信容量を次月に繰り越す「データくりこし」や購入した機種が安くなる「毎月割」の両方ともに対応不可となってます。特に毎月割がないということは、iPhone6S 16GBをもし購入した場合は、機種代金の月額3,510円x24カ月を丸々支払うことになります。新規に機種を購入する人には大変な不利になるということですね。

「データ定額2」との比較

auには月に2GBまで使える「データ定額2」(月額3,500円)があります。データ定額1より1
GB増えますが、600円高くなり、かつスーパーカケホが使えませんので組み合わせる電話かけ放題は、カケホ(月額2,700円)となります。毎月1,600円高くなるわけです。ただしデータ定額2のメリットは、毎月割が使えることです。先に示したiPhone6s 16GBを新規に購入した場合の毎月割は3,060円割引となります。1,600円多く払っても、データ定額2の方が1,460円もお得になるということです。

datateigaku2

iphone6sの購入に「データ定額2」は使える(公式ページより)

同じ1GBなら格安SIMのmineoも候補

仮に機種代金は関係ないということであれば、格安SIMのうちauをサポートするmineo(マイネオ)も候補となります。mineoの「auプラン デュアルタイプ(通話付き)」の場合、月額1,410円となります。ただし通話は20円/30秒の従料課金となります。

家族シェアのため

データ通信(パケット)分を家族でシェアする場合、auは特殊で子回線の場合でもデータバックを選択する必要があります。ドコモやソフトバンクはデータシェアオプション(500円)を支払うだけでデータパックは必要ありません。なので、auの場合はデータ定額1のようになるべく安いデータパックは意味があります。

結局?

結論をまとめると、新機種の購入をともなわず+5分以内の電話をかけ放題+インターネットをあまり使わないか、もしくは家族からもらう人にメリットがあります。こんな人どれだけいるの? 結局はメリットを享受できる人は、ほんのわずかなごく少数に人ということになるのかな?

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑