iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

iPhone7発表!! これまでの不満を一気にクリアしたモデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 56
公開日:2016年09月08日

今朝、ついにiPhone7が発表となりました。現行のiPhone6sからどこが変わったのか? 外見は事前の噂どおりほとんどかわっていませんが、内容は凄かった。やはりおすすめの1台です。


iPhone7登場

iPhone7発表会を開催

9月8日午前2時、今年の最新モデルiPhone7の発表会が予定通り開催されました。まず最初に何から発表されるのか一番興味があったところですが、最初にマリオが登場。今年年末までにAppStoreからダウンロードが可能になります。今年7月にリリースされたポケモンGOの大ヒットにあわせてアップルらしくいきなり興味をそそられます。そして次がApple Watchの第2弾「Apple Watch Series2」。そして1時間後の午前3時頃からこの発表会の目玉となる「iPhone7/7Plus」の発表に移りました。

iPhoneにもマリオ登場

i

Phone7の主な改良点

発表されたiPhone7/7Plusの詳細は他のブログに譲りますが、大きく改良された点をかいつまんでまとめると、

 

  • 最新のプロセッサA10の採用
  • 防水・防塵(IPX67)に対応
  • カラーは2色の新色の黒を入れた計5色展開
  • Homeボタンが感圧式のボタンに変更
  • イヤフォンジャックを廃止。EarPodsはLightning接続に
  • デュアルレンズを採用(iPhone7Plus)
  • Apple PayがFelicaに対応(国内のみ)
  • メモリーは32G、128G、256Gとなった

外見じゃiPhone7かどうかわからない

これは噂通りでしたが、新色の黒を選ばない限り外見からではiPhone7かどうかわかりません。サイズは現行のiPhone6/6Plusと同じでiPhone7/7Plusの方が若干軽いということです。あの評判の悪いiSightカメラの出っ張りはそのままになってしまいました。ケースもつけないで机に置こうとするとでこぼこして置くことができません。ただあの携帯電波を内部に取り込むためのDラインは改良され、エッジ部分のみの(C?ライン)となり、カラーとしてブラックを選ぶと同系色となりほぼ目立たない。

新色の黒の評判

これまでのスペースグレーが変更されマッドブロックとなり、さらにMacProのような鏡面のジェットブラックが追加され、シルバー・ゴールド・ローズゴールド・ブラック・ジェットブラックの5色展開となります。気になるのは新色のジェットブラック。iPhone4のようにガラスコーティングされている訳ではないので、iPhoneのアルミの筐体に塗装皮膜を何十にも重ねて磨きをかけたそう。ブラックだともともと傷が目立ちやすいカラーだと心配していましたが、さっそくイベント会場で手にとったiPhone7ジェットブラックに、早速こすったような傷がついていたとの報告がありました。

日本仕様のiPhone7のできあがり!

とうとうやってくれました! おサイフケータイとiPhoneが防水に対応しました。
唯一Androidに引け目を感じていたのはこの2点といっても過言じゃありません。アップルはどうして対応してくれないのか不思議だったのですが、アップルは常に世界を見ていていくら日本人好みでもローカルなニーズには対応しない感じがありました。とうとう我々の勝ちです。世界的にiPhoneの売り上げが落ち込む中(中国も同じです)、日本だけはさほど落ち込むことがなくiPhoneは好調なようです。そんな状況でとうとうアップルの日本向けの特別仕様を盛り込んだのがiPhone7。それがおサイフケータイ対応もその一つ。

ご存じのとおりおサイフケータイはドコモの登録商標ですが、スマートフォンに内蔵したFelicaチップで電子決済をおこなうもので、JRの定期券(SUICA)やPASMO(バスや鉄道)の変わり使えます。そのほか自動販売機などにも使えますが、これがあるのとないのとではかなり不便な状況になってしまいます。iPhoneユーザは、ケースの裏側に本物のSUICAカードを挿入して使っているみたいです。筆者は田舎なのでSUICAすら見たことすらないので不便じゃないといったら不便じゃありませんが…

このおサイフケータイは、アップル既存のApple Payの一部として組み込まれているようです。ただしおサイフケータイは日本国内のみ利用可能となっています。実際に利用可能になるのは10月末を予定してます。

もうひとつ、これは特に日本だけじゃありませんがiPhoneが防水に対応しました。保護等級はIPX67という防水が7、防塵が6というものです。防水レベル7といのは1M以内であれば水につけても大丈夫なレベルで、防塵のレベル6は、最高のレベルで塵は内部に侵入することはありません。昔はよくトイレに落として中身を全部パーにしたという話をよく聞きました。

iPhone7の予約、販売の予定も正式発表に

発表会ではiPhone7の予約、販売開始も正式に発表になりました。予約開始は9月9日(金)からでドコモ、KDDI、ソフトバンクは各オンラインショップでPM4:01分から予約を受け付けます。販売開始は9月16日(金)です。

iPhone7も日本では安泰かもしれません

今年第1四半期と第2四半期と売り上げが前年割れとなったアップルですが、日本だけは好調を維持しそうです。前述したiPhoneがおサイフケータイと防水に対応してくれたことと為替変動のおかげで最低メモリー容量が16Gから32Gにアップしても価格はiPhone7 32GBが72,800円~(アップルストア SIMフリー)と逆にiPhone6sの価格よりも安く買えるようになっています。そのiPhone6Sもメモリー容量が32G(61,800円)と128G(128,000円、iPhone6S Plusは、32G(72,800円)と128G(83,800円)と再構成され併売となります。

より低価格になってしかも日本人好みのカスタマイズiPhoneはぜひおすすめします。

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
PAGE TOP ↑