iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

写真は、ロンドンアップルストアの壁面のロゴ
*

「Touch ID」覚えておくと役にたつ豆知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 225
公開日:2016年10月12日

アップルの指紋認証「Touch ID」はとても便利に使わせてもらっています。一度使うとどのくらい頻繁使っているかわかります。そのTouch IDについてもう少し知識を深めてみましょう!

 

ホームボタンに内蔵されたTouch ID

そもそもTouch IDとは?

Touch IDはiPhone 5S以降のデバイスのホームボタンに内蔵された指紋認証の事です。ホームボタンは、ダイアモンドの次に堅いサファイアクリスタルで覆われその下に「容量性センサー」を備え、タッチされた指の指紋を500ppiの解像度で画像化して認識します。

Touch ID搭載のデバイス

現時点でTouch IDを搭載しているデバイスは、iPhone5S以降発売のiPhoneやiPadでiPhone5SEを除きます。

搭載デバイス一覧

  • iPhone5S/iPhone6/iPhone6Plus/iPhone6S/iPhone6SPlus/iPhone7/iPhone7Plus
  • iPad Air2/9.7インチのiPad Pro9.7/12.9インチのiPad Pro
  • iPad mini3/iPad mini4

Touch IDのセキュリティ

登録された指紋データは、iPhoneのAxチップのセキュリティ領域に暗号化して保存されており、アップルのサーバやiCloudにもアップロードされないので一切外部に漏れることはありません。

指紋データは複数登録する必要がある?

Touch IDは左右5本までの指紋を登録することができます。指紋はまさか親指だけ登録している方はまれだと思いますが、水に濡れた指やけがした場合にもこれを判別して拒否しますので、必ず複数の指を登録するようにしてください。

指紋認証の使い道

Touch IDはパスワードの変わりに使いますが、執筆(2016年10月)時点では、iPhoneのロック解除、iTunes StoreやApp Storeでの利用、iPhone6以降のデバイスでは、Apple Payの決済にも利用できます。Touch IDのAPIはiOS8でサードパーティーに解放されていますので、今後もTouch IDに対応したアプリが普及していくものと思われます。

Touch IDが使えなくなるケース

Touch IDで一度でも認証をおこなうと引き続きパスワード入力の変わりに利用することができますが、次のようなケースではパスワードの入力が必要となります。

  •  デバイスを再起動した直後
  • 指紋が 5 回続けて認識されなかった場合
  • デバイスを 48 時間以上ロック解除していない場合
  • 指紋を登録または削除したばかりの場合
  • 「設定」メニューの「Touch ID とパスコード」を開くとき

参考文献

rssアイコン

当ブログの最新情報を配信しています。右のボタンでニュースアプリ「Feedy」に簡単登録できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 96 follow us in feedly
  • Apple Watch情報
    価格・スペック情報
    お得キャンペーン情報
  • Loading
PAGE TOP ↑