ソフトバンク、プラチナLTEバンド来年4月に前倒し整備

連日、あちらこちらでソフトバンクの次期「iphone」における苦戦が伝えられていますが、原因となっているプラチナバンドの前倒し整備計画がわかってきました。


日経新聞が、ソフトバンクの保有する900MHzプラチナバンドの整備が当初来年夏以降となっていたものを、3ヶ月前倒しとし、来年4月に決定したと報じてます。来年に4月からは、現行の2.1GHz,1.7GHzに加えて900MHz帯のトリプルバンドでのサービス開始となるはずです。

ただ問題は、NTTの参入や、両社に圧倒的なauの800MHzプラチナバンド整備状況からすると、少しでもユーザーの流出を防ぐための対策にしかなっていないという事です。これからiphone5sやiphone5cに価格面でどれくらい安く提供できるか、乗り換えユーザーも含めて強力な援護策が必要で。まだまだソフトバンクからの流出を止めきれない状況ではないかと思われます。

さらなる対策に期待しましょう。

 

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました