iOS7アップデート後のバッテリー異常に早くありませんか? - iOS7の不具合かもしれません。

ニュース総合
現在のiOS7のバージョンは、7.0.2ですが、iOS7にアップデートしたiphoneのバッテリーが異常に早く消耗するケースが増えているようです。まだ正式のアップルからのコメントはありませんが、もしかしたら不具合が発生しているかもしれません。
iOS7のバッテリーに関し、以下のような報告があるようです。
GSMArenaによると、「iOS 7」を搭載した「iPhone 5」と「iPhone 5c」の一部のユーザーからバッテリーの減りが異常に早くなる問題が報告されている
 
寝る前のバッテリー残量は70%以上だったものの、朝起きるとバッテリーが0%になっていた
 
バッテリー残量が10%まで減っていた「iPhone 5」は本体が非常に熱くなっていたものの、再起動する事で問題が解決した
  また、auではバッテリー対策として ※画像を選択すると拡大表示できます。 au iphone5s バッテリー対策 とサイトに掲載。(リンクはこちら)   やはり、ネットワーク系に不具合が発生しているようですねl   なお、不具合が修正されるまでの間、下記のような対策をしてみてはいかがでしょうか?
  • アプリのバックグラウンド更新をオフにする
  • アプリのアップデートを自動ダウンロードしない
  • 使っていない場合にはbluetoothとAirDrop機能はオフに
  • 必要のないアプリの位置情報サービスをオフにする
  • 診断使用状況や位置情報に基づくiAdをオフに
  • 「追跡型広告を制限」をオンに
  • 液晶の明るさを調整する
 
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました