これも以外!都内のパケ詰まりはauよりもドコモがひどい

携帯会社ニュース
auのiphone5ユーザーに聞くと以外と現在もパケ詰まりが多いと聞く。パケ詰まりとは、3G回線とLTE回線を切り替えする際に生じる無通信の状態。ユーザーには回線が接続されているのに表示が止まっているように見える。これが最新の調査結果では、都内ではドコモがauの数倍にも達していることが明らかになりました。
この調査は、ブランド総合研究所というところが9月20日から9月24日の間、山ノ手線駅ホームにて調査した結果です。そもそもパケ詰まりの定義があいまいなのですが、この調査は15秒以上通信が止まった場合をパケ詰まりとして調査したとの事。   それぞれのキャリアがパケ詰まりが発生したと思われる割合は、 ・auは2.4% ・ソフトバンクは3.9% ・ドコモは16.8% ※調査は、山の手線駅ホームでiphone5sを使って実験。 詳しくは以下のサイトをごらんください。 「iPhone 5s/5c」で最も“パケ詰まり”しないのはどのキャリア? – ITmedia Mobile

 
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました