iPhone5Sのセンサー不具合は加速度センサーを変更したためだった。

ニュース総合
現在発売中のiPhone5S/5Cは、レベル(水平)測定を正しくできません。そのほか、方位/傾斜/加速度などほぼ全部の測定値が不正となります。これはゲームをしたりナビゲーションなどをする場合に不具合となってあらわれます。
levelsensor_bug
  この不具合は、旧iPhone5には発生せずハードウェアの故障なのかソフトウェアなのか不明でしたが、本日MacRumorsが原因を解明してくれました。   これによると、原因は新型iPhoneに搭載する加速度センサーのメーカーが変更になっため、ソフトウェアに変更が必要だったのですが、これが適切に処理されなかったためとわかりました。センサーの不具合がこのために発生しているのであれば、次のiOS7のアップデートで修正が可能です。ただほっとした反面、ちょっといささかあまりにも幼稚なミスでがっかりですね。普通、世に出る前にチェックされるでしょう。大概、コンピュータのような製品の不具合は、ソフトウェアのバグがほとんどなんですがね。   この記事の関連リンクは
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました