iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

トラブルシューティング

リカバリーモードで復元出来ない場合のDFUモード

投稿日:2013年10月26日 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
この記事の所要時間: 127

iPhoneが突然再起動を繰り返し、復元が出来ない状態になった場合に以下の対処方法をお試しください。

 

DFUモード

もし、リカバリーモードでは復元できない場合は,以下のDFUモードを試してみよう!

iOSをアップデートする場合やiPhoneをリカバリーモードで復元しようとした場合、何らかの原因により最初に表示されるアップルマーク以上に進まない時があります。そのような場合は、以降一切操作が出来なくなってしまいます。このような場合には、AppleサポートへiPhoneを修理に出す事を考えなければなりませんが、修理に出す前に一度下記の「DFUモードによる復元」を試してみてはいかがでしょうか!

対処方法

対処方法は以下のとおり  

症状: iPhoneが再起動を繰り返し、リカバリーモードで復元できない
対象: iphone iOS4.2,iOS5.0~
対処:

DFUモードによる復元方法
※以下の方法は、iTunesがはいったパソコンが必要です。
1.バックアップしてあるiTunesのパソコンとケーブルで接続する
2.iPhoneの電源を強制的に切る(HOMEボタン+スリープボタン長押し)
3.iPhoneを起動(一度話してから、HOME+スリープボタン長押し)
4.iPhoneの電源が入ったらスリープボタンだけ手を離し、HOMEボタンは以後10秒くらい押しっぱなしにし、iTunesの復元表示がでるまで離さない
5.あとはパソコン側の画面の指示に従い、iOSの初期化をはじめます。

他に参考となる記事

\ここからでも、当ブログの新着記事にアクセスできます!/ \この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

-トラブルシューティング
-

執筆者:

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フィルタを追加»iphone13ios15予約予約受付

スポンサーリンク

トップへ戻る