ドコモも『iPad』を販売へ – 坪内副社長語る

ipadニュース
11月20日、ドコモの坪内副社長は共同通信のインタビューで「ドコモからのiPad販売について遠くない将来に販売したい意向」であることを語りました。
このインタビューを報じたサンスポによると、アップルとの交渉も最終段階で、ドコモの坪内副社長は共同通信へのインタービューでiPadの販売について  iPad_Air6
それほど遠くない将来に扱うことになる。商戦はなるべく逃がさないようにしたい
(ドコモ 坪内副社長談)
  と答えました。  
それほど遠くない将来とはいつなのか?
  サンスポによると2013年度内に発売ではと想像しているようですが、もしかすると12月1日から発売になるやも知れません。一番早い販売のタイミングはここだと思うのですが…   最近ようやく人気のiPhone5Sの順調に入荷してきています。筆者としてはなぜか新参者のドコモのiPhone5Sの入荷が順調であったのが不思議でした。もしかするとiPadの発売を遅らせてiPhone5Sの入荷を優先するようにアップルに交渉していたかも知れないと思ってます。そうなると、iPhone5Sが順調に入荷しだした今、iPadの販売を交渉したのではないか?これからボーナスシーズンを逃して1月から販売というのもおかしいし、2月発売となるとあまりにも長い。そんな先の話を漏らしたのではアップルの逆鱗に触れる恐れもあります。相当話が煮詰まっていると考えますが…さぁドコモからのiPadの販売はどうなるでしょうか?
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました