Windows XPのマルウェア対策を延長 - マイクロソフト

Windows XPのサポートが4月8日に終了しますが、マイクロソフトは企業のOSの移行を促すため、2015年7月14日までマルウェアへの対策を延長することを発表しました。


米Microsoftは1月15日(現地時間)、4月8日にサポートを終了する「Windows XP」のマルウェア対策ソフトの定義ファイルおよびエンジンに関する更新プログラムの提供を2015年7月14日まで延長すると発表しました。
 
企業顧客の場合はSystem Center Endpoint Protection、Forefront Client Security、Forefront Endpoint Protection、Windows Intuneが、一般ユーザーの場合はMicrosoft Security Essentialsが対象になります。

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました