auユーザに吉報! 今年抜群に使いやすくなるVoLTE導入表明。

KDDI田中社長は、今年中のVoLTEの導入を発表しました。このVoLTEの導入はauの携帯電話の使い勝手を飛躍的に向上させます。それは…

kddi_tanaka


KDDI田中社長は、朝日新聞のインタビューに応じて次世代の通信規格AdvancedLTEを今年中に開始すると表明。AdvancedLTEは、これまでの通信スピードを2倍にも3倍にも早くしてくれますが、auユーザにとってはスピードがアップするよりも、念願というか悲願というかそこまで思いつめていた「通話とデータ通信の同時使用を可能」にすることが可能になります。

VoLTEはauの最大の弱点を解消する

この通話とデータ通信の同時使用は、ドコモやソフトバンクユーザにとっては当たり前の事ですが、auユーザはCDMAという通信規格を唯一採用しているせいでこれができなかったのですが、VoLTE(Voice Over LTE)を導入することによって解消することが可能になります。

 
通話とデータ通信の同時使用できるようになると

  • 通話をしながらカレンダーの予定を確認できる
  • 待ち合わせ等では、会話をしながら地図を表示し自分の居場所を知らせることができる
  • アプリをダウンロード中に着信してもダウンロードが中止されず、再度ダウンjロードし直す必要がない 等々

 
逆に考えると、「通話とデータ通信の同時使用」ができなかったために、auユーザはどれ程のストレスを溜めていたか、かわいそうな位でした。今年3月auはLTEの全国カバー率99%を達成しました。電波も良いし、最大の弱点のカバーできる今年のauは、さらにユーザを獲得するのではないかと思います。
 

さらに、au機に多発していたパケ詰まりも解消します。

 

今年はあなたもauのiPhoneに乗り換えませんか?

 
KDDI、VoLTE導入のニュース記事は以下をご覧ください
高音質の次世代通話、年内に導入 KDDI・田中社長:朝日新聞デジタル

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました