4月1日より、Jアラート警報も緊急エリアメールにて配信開始 - 各キャリアが共同で発表

ニュース総合
現在、携帯各社は地震や気象等の災害・避難情報ををエリアメールで配信していますが、4月1日よりJアラート(全国瞬時警報システム)警報もエリアメールで配信するようになりました。
ミサイル発射情報の例

ミサイル発射情報の例

この新しく配信になる情報は「国民保護に関する情報」(※)で、総務省消防庁により配信されます。ドコモ、KDDI、ソフトバンク、沖縄セルラーの4社が共同で発表しています。この「国民保護に関する情報」は具体的には他国による武力や侵攻に際し、国民を守るための情報で、最近の事例では北朝鮮が発射したミサイルやその破片が落下する恐れがある場合に配信されるようです。
 
「国民保護に関する情報」とは、
国民保護法にて定められている、武力攻撃から国民の生命、身体および財産を保護し、武力攻撃が国民生活および国民経済に与える影響を最小とするために提供される避難、救済、災害、復旧などの情報や、弾道ミサイル情報などの緊急に国民に知らせるべき情報です。
(プレスリリースから抜粋)
  報道発表資料はこちら、
報道発表資料 : 緊急速報「エリアメール」、及び「緊急速報メール」を利用した国民保護に関する情報の配信を開始 | お知らせ | NTTドコモ
緊急速報「エリアメール」、及び「緊急速報メール」を利用した国民保護に関する情報の配信を開始します。
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました