Google,無人航空機「ドローン」の開発会社Titan Aerospace社の買収が明らかに!

4月14日、米Google社は超高度を無人飛行する航空機を開発している米Titan Aerospace社を買収合意したことが明らかとなりました。

ドローン無人飛行機

この無人飛行機(ドローン)、大気圏内の超高度(20Km)を長期間飛行することができるもので、現在開発中の「Solara50」は、重量159kg、時速104km/h、最大積載量32kg、全長15.5m、最大滞空可能時間5年、最大飛行可能距離450万km飛行可能としている。電源は、機体に張られた太陽電池から給電し長期間飛行する。
 
Googleは「Project Loon」という気球を使ってインターネット接続環境を提供するインターネット網構築プロジェクトを進めており、気球の変わりにこの無人航空機によるサービス提供も考えてるのかもしれませんね。
Google、大型無人飛行機のTitan買収、ネット網構築プロジェクトに活用か
長時間の滞空飛行が可能な大型無人飛行機を開発・製造する米Titan Aerospaceを米Googleが買収することで両社が合意した。Titan買収については、今年3月に米メディアがFacebookとの交渉を報じていた。

米Googleが超高度無人航空機ベンチャー米Titan Aerospaceを買収 
\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました