ソフトバンク、21日から導入予定だった通話定額『すま放題』を延期。ドコモ新料金に対抗し内容を変更か?

ソフトバンクは、同社の通話定額『すま放題』のサービス開始の延期を発表しました。今月10日発表されたドコモの新料金プランにより内容の変更をよぎなくされた格好だ。


ソフトバンクは今年1月、スマートフォンの通話定額を実現する『すま放題』の発表をいちはやく発表していましたが、1回の通話時間が5分(10分)以内、月に1000回までと制限されたり、これを越えると通常の料金よりも高い30円/30秒の課金がされる(Mパックの場合)等、先日発表されたドコモの新料金(国内の場合相手を制限せずに回数の無制限で2,700円/月)に比べるとかなり見劣りのする通話定額プランとなってましたが、18日ソフトバンクは『すま放題』の延期を同社ホームページで発表しました。

すま放題延期のお知らせ
同社の発表によると、延期の理由は競争環境の変化ということで、サービス開始時期も決まり次第と非常にあいまいな表現となってます。ドコモの新料金は6月から開始される予定で、5月に発表されるドコモの新モデルも通話定額の肝となるVoLTE(Voice Over LTE)に全製品が対応する予定で、通話定額を先行リードしようとしていたソフトバンクを追い詰める内容で、どのようにソフトバンクが対応してくるのか注目したいと思います。
 
ソフトバンクによる延期のお知らせは以下
「スマ放題」提供開始時期の変更について | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
ソフトバンク株式会社の企業・IRページです。ソフトバンク株式会社の「ニュース」をご紹介します。
\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました