iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iOS6機能ピックアップ - PASSBOOK

投稿日:2012年9月24日 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iOS6機能ピックアップ - PASSBOOK

passbook.jpgPassbook(パスブック)ってなんだろう?という方へ、今回iOS6で導入されたiOSの新機能を紹介します。Passbookは、チケットやクレジットカードを電子化し一括管理するためのiPhoneアプリです。国内ではクレジットカードは難しいかもしれませんが、チケットと呼ばれるもの、たとえば航空券、野球またはコンサートの入場券、映画館の入場券、各種割引用のクーポン券等をインターネット上で取得しiPhoneに保存、必要なときに画面上に表示させてチケットの代わりに使える機能です。しかもGPSと連動して、そのお店や場所に近づいた時に自動的に画面に表示するというようなことも出来ます。チケットを保存さえしとけば、忘れてしまってもiPhoneが教えてくれます。


さらに便利の機能として
・航空チケットを保存した場合は、搭乗前の手続きのほか搭乗口の変更などを通知機能をつかって知らせてくれる。
・野球の場合は、当日の試合結果を知らせてくれる
・映画館の場合は、上映中の映画情報を見ることができる。
などの便利機能もサポートされる予定です。
いづれも国内では未整備のため詳細な機能は未定ですが、これからが楽しみ。
以下は、Passbookの機能紹介を国内で唯一サービスインしているぐるなびのクーポン券の実践を通して説明してます。

Passbookの初期画面

Passbookの初期画面は下記のイメージとなります。Passbookはまずチケットを配布するサイトからチケットの保存をしなければ使えません。Passbookの初期画面は、説明書きみたいなものでPassbook対応アプリの取得以外、特には意味のないもののようです。

i_2012092311255138.jpg

まずは、ぐるなびからクーポン券を取得してみました

ぐるナビサイト(http://mobile.gnavi.co.jp/iphone/)にアクセスして、チケットをゲットしよう!
クーポンを発行しているお店の詳細ページをひらいて

i_2012092312325569.jpg

画面を下方向にスクロールさせると、「ぐるなびクーポン」の表示があります。ここをタッチしてください。

i_2012092312325577.jpg

次の画面中に、「Passbookに保存する」ボタンが表示されるはずですので、ここをタップします。対応していないチケットの場合は、このボタンが表示されません。別のお店のクーポンでお試しください。

i_2012092312325582.jpg

次に、右上の「追加」をタップして作業は終了です。

i_2012092312325585.jpg

いらなくなったクーポン(チケット)の削除等

クーポン券の追加は終了するとPassbookには、下記のようにクーポンが登録されてます。
Passbookにクーポンや他のチケットが追加されている場合は、Passbookの初期画面の表示ではなく、下記のような最初にみつかったクーポンやチケットが表示されるようです。

i_2012092401460036.jpg

いらなくなったチケットは、上の画面の左下にあるiアイコンをタップして、以下に表示される画面でチケットを削除できます。

i_2012092401460045.jpg

GPS連動によるクーポン(チケット)表示

Passbookに追加されたクーポン(チケット)は、GPSと連動してそのお店に近づいた場合通知機能で画面上に表示する機能があります。
画面ロック中にPassbookのチケットを表示したくない場合は、ホーム画面より「設定」→「一般」と順に進み、「ロック中にアクセスを許可」のPassbookのオン/オフの設定を確認してください。

i_2012092413110127.jpg
i_2012092413272214.jpg

その他、MLB(メジャーリーク)のチケットでの試合結果表示や映画館入場チケットの上映情報、航空チケットのゲート情報変更などはまだ対応チケットがありませんので、実践できませんでしたのでどのような手順なのか現時点では不明です。続報にご期待ください。

実際にぐるなびクーポンを取得した流れを記述したつもりですが、だいだい上記の流れで取得できそうですが、まだ未完成なのか何度か上記の流れをはずれて深みにはまりうまくPassbookにクーポンの追加ができませんでした。原因不明です。現在のところはデモンストレーション程度と考えて参考になればと思います。

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/
Posted By:管理人

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る