iOS6機能ピックアップ – 賢くなって会話するSiri

siri.jpegiOS6では、新しいiPadでもSiriが使えるようになりました。 さらに、これまでのSiriよりも「賢く会話できる」ようバージョンアップしてます。

Siriの新機能

・iPad(第3世代)でも使えるようになった ・Siriはより多くの会話を理解し、質問してくる ・キー入力のかわりに音声をつかって入力が可能 ・「何ができるの?」と聞くと、Siri自身がその質問にも答えます ○ほとんどの標準アプリの起動をすることができます ・連絡先の検索、天気予報について答えます ・リマインダー、アラームを設定できます ○Facebook,ツィッターに投稿ができます ○スポーツの結果、選手データの問い合わせにこたえることができます ○映画情報(上映時刻、レビュー、作品のプロフィール)について答えます ・重要な人を認識します ・経路探索をします

Siriの起動

Siriの起動のし方は以下の3つの方法があります。 ・ホームボタンの長押し ・画面がON中に耳に当てる動作 ・アイズフリーに対応する車のハンドル上のボタンを押す

会話の例

Siriは下記の会話を理解します。 ・「タイマーを35分にセットして」 ・「~を起動して」

ジョークを理解するSiri

Siriは、ジョークを知ってます。Siriに向かって話しかけてみてください。 さて、Siriは何と答えてくれるのか?  ・「愛してるよ」 ・「歌って」 ・「生麦生米生卵」 ・「何か面白いこと言って」 ・「結婚しようよ」

SIriの稼動する最新デバイス

iPhone4s,iPad3,iPod(第5世代)

Siriについてのほかの参考のサイト

アップル – iOS 6 – まったく新しいマップ、Siriの新機能、Facebookとの統合。
平成24年9月21日

Siriの使い方|導入から設定、頼み方と学習方法、便利な使い方やセキュリティの注意点まで解説iPhone女史
平成24年9月3日

コメント

タイトルとURLをコピーしました