次期iPhone5sは省エネのIGZO液晶を採用

IGZO液晶.jpg

早くも来年6月に発表されるといういうiPhone5sにはシャープのIGZO液晶が採用され、非常にバッテリー駆動時間が伸びそうだ。

このIGZO液晶は、ドコモの携帯「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」に採用され二日間充電しなくても使えるという。

このシャープのIGZO液晶は、

・このIGZO液晶素子は電気を通しやすく小型化か可能で光の透過率が非常に高い。
・固定表示の場合は画面の書き換えを行わない。「液晶アイドリングストップ」という。

次期iPhone 5sはこのシャープのIGZO液晶をRETINA +という名称で採用する。

早くも来年が楽しみである。

iPhone5用のアクセサリを揃えたいならコチラから
iPhone5 アクセサリー特集

コメント

タイトルとURLをコピーしました