SBスプリント買収に対抗馬

sbsprint.jpeg

15日、 5月中にも完了予定とされているソフトバンクの米国スプリント社の買収に、対抗馬が現れた。

買収提案をしたのは、米国大手衛星放送会社「デッシュ」で買収総額はソフトバンクを54億ドル上回る255億ドル(約2兆5000億円) 。

「デッシュ」は全米で1,400万世帯の顧客を持ち、昨年12月に米連邦通信委員会から携帯電話の周波数を承認されている。また実施は今年1月のクリアーワイヤーの買収にも対抗買収を提案している実績がある。 「デッシュは」スプリント株式の100%を取得して完全子会社化する方針で、ソフトバンクはスプリントカップの70%を買収することで合意している。

はたして、スプリントの株主はどちらを選ぶのか? まだ予断を許さない。

この記事に詳細は

コメント

タイトルとURLをコピーしました