市内の小中学生全員にタブレットを配布 - 武雄市

今年4月より、佐賀県武雄市では、市内の小中学生全員にタブレット端末を配布することになりました。
武雄市は、以前にも小学生高学年にiPadを配布し知識理解や技能成績が向上する等の実績を残していた。

小中学生全員にタブレットを配布

5月9日、武雄市ICT教育推進協議会のタブレット端末導入についての進言に、同市長樋渡啓祐氏が2013年4月からの導入の意向を表明した。
武雄市では、2011年市内の山内東小と武内小の4~6年生全員にiPadを配布。山内東小では配布後、児童の知識理解や技能成績が全国より高くなる調査結果が出ていた。
配布されるタブレットがiPadかどうか不明ですが、実績からiPadになるのではないかと思われます。
市内の小中学生全員に配ると約4,000台規模となるようです。

武雄市といえば、サザエさんのエンデイングに武雄温泉がテロップにながれたり、TUTAYAが運営する市立図書館が話題になったりとなかなか有名な市です。

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました