ソフトバンク、JR東日本にiPad miniを7,000台納入(総額2億円)

5月13日、ソフトバンクテレコムはJR東日本にiPad miniを7,000台納入することを発表しました。


納入するiPad miniは運転士と車掌に配布する予定で、業務管理情報、列車運行情報、マニュアルのほか新たに作成するアプリケーションによりお客様への情報提供にも使われる予定です。
ソフトバンクテレコムでは、マニュアルの電子化やアプリケーションの作成などのサポートをおこない、JR東日本が2012年10月からはじめたICT(情報通信技術:Information and Communication Technology)活用を支援するとの事。
ソフトバンクテレコムの公表内容は以下より
JR東日本にiPad miniを7,000台納入

JR東日本にiPad miniを7千台納入

コメント

タイトルとURLをコピーしました