写真でみるWWDC2013開催内容

今朝、アップル社の開発者向けのWWDC2013が米国で開催されました。 WWDC2013の基調講演の内容は、午前2:00から約2時間アップルのWebサイトとアップルTVで生中継されました。 今年のWWDCの開催内容を写真とともに追うことにします。
米国時間6月10日午前10(日本時間11日AM2:00)から米サンフランシスコのモスコーンウエストセンターを会場におこなわれました。
今年のWWDCも、次期iphoneの発表はおこなわれず、
・OSX10マーベリックス
・MacBook Air等のMAC新製品の発表
・iOS7の発表
の順におこなわれました。

10日23:00頃(日本時間)
アップルのアップルストアが更新中になり、新製品の改訂作業をおこなっている模様。基調講演終了のAM4:00頃にメンテナンスは終了して見られるようになりました。

11日02:00(日本時間)
WWDC2013の基調講演の内容は、アップルのWebサイトで生中継されました(現在も配信をおこなってます)。
WWDC2013基調講演1最初に登壇したのはアップルCEOのティムクック
WWDC2013基調講演2[AM2:13頃]MAC用のOSXマーベリックの紹介
ファインダーのタブ化やファイルのタグ付け、マルチディスプレイー対応等の機能向上がおこなわれました。 CPUパワーの細かな制御やディスクスワップを極力減らし、より省電力によりパフォーマンスアップするようにチューニングされてます。
WWDC2013基調講演3
WWDC2013基調講演4
WWDC2013基調講演5[AM2:42頃]次は、新しくなったMacbook Air
Macbook AirはHaswelを採用し11インチでは9時間、13インチでは12時間に連続使用時間が延び、次世代型のディスクトップコンピュータMac Proを紹介! WWDC2013基調講演6[AM2:57頃]
ドキュメント作成プラットフォームiWorksがiCloudへ統合
WWDC2013基調講演7AM3:15頃
刻々と時間が経過して心配してましたが、開催から82分経過していよいよ次期iOS7の登場です。
WWDC2013基調講演8
WWDC2013基調講演9これまでのリアルなスキューモーフィズムを廃止、アイコン等はフラットなデザインとなってます。
WWDC2013基調講演10さすが、アップルと思うデザインセンスです。ただ、壁紙などオリジナルにした場合どうなんでしょうか?
WWDC2013基調講演11デザイン面にばかり目が捕らわれがちですが、iOS7はiphone登場以来大幅なバージョンアップ!マルチタスク機能/設定/サファリや全ての基本アプリの使いにくさを解消する程の変更がなされました。
WWDC2013基調講演12もちろんカレンダー,Eメール,写真などの基本アプリの操作改善!
WWDC2013基調講演13これが新しく搭載されるコントロールセンターだ!
よくつかう設定や音楽再生やAirDropなどがまとめられたパネル
WWDC2013基調講演13 マルチタスクも全アプリで利用可能に

WWDC2013基調講演13-1 サファリも表示できるページの上限が無制限になり、ページ切り替えもサムネイルに対応する等
WWDC2013基調講演15

WWDC2013基調講演16次期iOSの対応デバイスは、iPhone4以降,iPad(第2世代~),iPad mini,iPod touch(第5世代~)となります。
WWDC2013基調講演17
WWDC2013基調講演18 [AM2:36頃]
新生Siriは、男性の声に対応、明るさの制御やBluetoothのオンオフにも対応するようになった等
iWWDC2013基調講演19 [AM2:42頃]iTunes Redioの紹介 広告付きですが無料で聞くことができるそうです。





コメント

タイトルとURLをコピーしました