iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

auのLTEは本当に改善されるのか?

投稿日:2013年6月22日 更新日:

auは一連の通信障害で今年5月時点でのiphoneのLTEの人口カバー率に対する資料を出してきた。
資料によるとLTE(37.5Mbps)は70%、LTE(75Mbps)は20%となっています。
auのLTEは本当に改善されるのでしょうか?

auは通信障害の謝罪資料の中に明らかにした数字ですが、実際に改善されているかどうかは、aKDDIの田中社長も自信を持てない様子。

au lte人口カバー率資料
iphoneは上記資料中の、2.1Mhzの周波数帯の数字をみます。
※この資料は、こちら

6月10日~14日に、都内で通勤時間帯に「表示の速さとパケ詰まりについて」調査した最新の資料をMMD総研というところで出しています。
これによると、

「iPhone 5」でYahoo!Japan トップページが表示されるまでの時間を調査した結果は、SoftBank版が平均4.91秒だったのに対し、au版は平均11.38秒と、au版の方が約6秒遅い結果となった

 

「iPhone 5」の「パケ詰まり」については、SoftBank版が全1,200回中28回(2.3%)、au 版が全1,200回調査中245回(20.4%)だったそうで、au版iPhone 5は「パケ詰まり」になる

ソフトバンクでは、LTEの37.5Mbpsと75Mbpsの人口カバー率を個別に発表していませんが、Buzzapさんが5月に算出したソフトバンクのLTE75Mbps対応エリアの人口カバー率は1%であったとしてます。これは、auよりの1/20の数値となります。

auのLTEは、ソフトバンクのLTEよりも電波が悪い!

と、いうような結果となってしまいました。
残念です。いつになったら改善してもらえるのでしょうか > auさん

スポンサーリンク

公開日:2013/06/22 カテゴリ:最新通信事情

スポンサーリンク

Loading
ドコモ、驚かずにはいられない682Mbps通信サービス開始
さすがはドコモです。3月9日より国内最速となる682Mbps通信サービスを開始します。いつの間にこんなにスピー...
ドコモ、全国の実効速度計測値を公表
ドコモからスマートフォンの通信速度の統一基準による計測値が発表となりました。iPhoneの場合、下りの通信速度...
新幹線全駅で通信速度を調査 ー iPhone6S、2015年版
本日の話題は全国の新幹線全駅による通信速度調査。auが他のキャリアを抑えてトップに!ビジネスマンとして活躍して...
今度こそ料金値下げなるか? NTT鵜浦博夫社長「前向きに検討」
先日安倍首相が、携帯料金が家計を圧迫していると料金値下げを指示。本日の日経新聞が、NTT鵜浦博夫とのインタビュ...
総務省のガイドラインによる実効速度計測が始まる - 全国調査
「どこのキャリアが速い?」と長年消費者を悩ませてきた問題が解決しそうです。iPhone等を購入する場合キャリア...