スプリント・コミュニケーション・インク – ソフトバンク買収後の新会社

既報どおり、ソフトバンクによるスプリント・ネクステル社の買収は完了しました。
スプリント・ネクステル社は、社名を「スプリント・コミュニケーション・インク」と改名し、買収後の新体制なども発表になってます。


買収後のスプリント。ネクステル社は、親会社のスプリント・コーポレーション(以下、新ネクステル)とスプリント・コミュニケーション・インクに再編されました。

孫正義氏は会長に就任

ソフトバンクは、親会社の新スプリントの株式の78%を保有し、会長には孫正義氏、副会長にはロナルド・フィッシャー(現ソフトバンク取締役)が就任しました。また、新ネクステルはネクステルの株式を100%保有してます。

スプリントの再編

売上高

合併後のソフトバンクは、携帯売上高で世界で第3位の会社になります。

会社名 売上高
チャイナモバイル 3.3兆円
ベライゾン 2.8兆円
ソフトバンク 2.5兆円
AT&T 2.5兆円

※2012年1月~6月期

顧客数

顧客数では、ベライゾン/AT&Tに継ぐ顧客規模となります。

会社名 契約数
ベライゾン 1億1100万
ソフトバンク 1億500万
AT&T 9600万

※2012年1月~6月期の累計契約数

以下の発表内容を元に作成してます。

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました