iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iWorks for iCloudのベータ版を使う

投稿日:2013年7月22日 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

先日、WWDC2013で発表「iWorks for iCloud」のベータ版が公開されてます。
Macを持っていなくてもPages、Numbers、Keynote等のアップルドキュメントシステムがWeb上で作成できます。

「iWorks for iCloud」は、Google chromeなどのウェブブラウザーで、以下のような
・Pages(Microsoft Wordの様な文書作成システム)
・Numbers(Microsoft Excelの様な表計算システム)
・Keynote(Microsoft Powerpointの様なプレゼンテーション作成システム)
の書類作成アプリがまとめられたものです。

それぞれのアプリのMacやiPad等では使うことができましたが、Windows等のほかのOSでは使えませんでしたが、今後は、OSの垣根を越えてWebブラウザ上で使うことができます。

Word/Excel等使い慣れた製品があるのにわざわざ必要がないと思うかもしれませんが、さすがアップル製品、見栄えは抜群によくなります。一度お試しあれ!

「iWorks(Beta) for iCloud」を起動するには、お使いのブラウザのURLに

と入力します。

iCloudアカウントとパスワードを入力して最初に表示されるのが以下の画面です。
iworks_beta

iworks_add

「iWorks(Beta) for iCloud」で作成されたドキュメントは、書類とデータの同期がオンであればiphoneやiPad上のPages、Numbers、Keynote各アプリで共有することができます。

以下の画面は、「書類とデータ」をオンにしたiphone5(iOS6.1.4)の画面です。
表示の仕方は、[設定]>[iCloud]とタップします。

slooProImg_20130722054509.jpg

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/
Posted By:管理人

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る