14年度から携帯料金が大幅に安くなる可能性 !?

来年14年度から携帯料金が大幅に安くなる可能性が出てきた。
7月19日付の日経新聞WEB版に、「総務省、携帯各社の電波利用料軽減」との記事が載っている。
これってどう見ても携帯料金の値下げになる!


同記事を要約すると、これまで携帯各社は自分のところで持っている周波数帯の幅や基地局数の増加に比例して国に納める電波利用料が高くなる傾向にあった。それぞれ携帯各社に電波の割り当てが偏ることはないが、ドコモはやはり累積すると一番多くの電波使用料を払っていたはず。

今回、まだ法律の改正など踏まえる必要があるが、3年ごとに決める電波使用料について総務省が14年度から半額にするという指針を示したようた。

これは、東日本大震災に例をとるとわかるように、携帯電話が災害時などに命にかかわる重要な役目をはらすようになってきたからだ。単なる通信手段ではなく、国民の生活にかかせないものと判断し負担の軽減をするとの事

具体的な施策として、これまでの周波数帯の幅による周波数割料金をこれまの半額とし、さらに基地局数によって増加した局数割料金は、14年度の見込み数による固定料金制とする。

この事実をしっかりとみんなで共有し、来年度の携帯料金の値下げに期待したいですね!

この記事の詳細は、

Initializing…
ニュース総合
スポンサーリンク
\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

関連記事

iPhoneミステリアス
\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました