次期iPad miniにもカラバリ – 廉価版iphoneと同じようにカラフル仕様になる

アップルから今年発売になる次期iPad miniに廉価版iphoneと同じように、カラーバリーエーションがそろえられるかもしれません。次期iPad miniについては、発売の時期とRetinaディスプレイが搭載されるかどうかというのが関心事項ですが、カラフルなiPad miniというのもいいかも。


これを報じたガジェット速報さんによると、

この情報は事情に詳しい関係筋からもたらされたもので、Retinaディスプレイ部品はサムスンやシャープ、LGディスプレイから供給されるとしています。なお、カラーバリエーションは複数存在し、上記画像のように背面パーツの色が異なるようです。

現在、米アップルはiPhone 5C(廉価版iPhone)の量産を準備中であると噂されており、そのカラーリングにはレッド・イエロー・ブルー・グリーン・ホワイトの5色が用意されるといわれています。

近年、同社はより広い顧客層にアプローチするために製品の多色展開を計画していると噂されており、新型iPad miniの複数色展開もその一端なのかもしれません。

との事。

どのようなカラーが用意されるのか等の詳細はまだわかりませんが、Retinaディスプレイの搭載可否と含めて、次の情報を待ちたいです。

多色展開されるiPad mini画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました