iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iphone5のWifiの性能は450Mpbs??

投稿日:2013年8月7日 更新日:

iphone5は、無線LANの規格「IEEE 802.11n」に対応してます。
11nの論理上の最高速度は、450Mbpsですが、iphone5のWifiの性能は、MAx450Mbpsに対応できるのでしょうか?


この手のスペックは、なかなか公式な形では見ることはできません。
現在は、11n次世代規格「IEEE 802.11ac」が出てますが端末側としてはあまり見受けられません。

iphone5の無線規格は、IEEE 802a/b/g/nに対応

IEEE 802.11nの高速化技術

IEEE 802.11nの高速化技術としてあげられるのは、

  • 多重通信技術「MIMO」
  • 11Nの高速化技術1:2.4GHz/5GHzのデュアルバンド

多重通信技術「MIMO」

MIMO(Multi-Input Multi-Output)は、送受信とも同一バンドで通信を多重化する技術。1つのMIMOで150Mbpsの通信が可能ですが、11nでは合計3つのMIMOが使用でき、最高450Mbpsで通信することができます。ルータが450Mbpsに対応していてもiphone5のMIMOは1つしか対応しません。よって、iphone5の11nでのMAXの通信速度は、150Mbpsとなります。

11Nの高速化技術2:2.4GHz/5GHzのデュアルバンド

もう一つの高速化技術は、2.4GHz/5GHzのデュアルバンド。2.4GHzは、電子レンジなど電波干渉が起こりやすいです。
IPHONE5は、5GHzにも対応してますので、多少高速化の余地があります。

まとめ

iphone5の登場により劇的に通信環境が改善しました。これまでの3G通信からLTE通信へとかわり、約7倍もの高速通信が可能になりましたが、今年から来年へとさらに高速化される事が予想されます。もうご存知のように、LTEは、75Mbpsから112.5Mbps以上に、まだiphoneでは使えませんがWiMAXもWiMAX2+へと進化し、こちらも100Mbpsオーバーになる予定です。今回とりあげたiphone5のWifi性能も最大150Mbpsという結果になりましたが、あと1年ぐらいは現役でつかえそうです。

スポンサーリンク

公開日:2013/08/07 カテゴリ:最新通信事情

スポンサーリンク

Loading
ドコモ、驚かずにはいられない682Mbps通信サービス開始
さすがはドコモです。3月9日より国内最速となる682Mbps通信サービスを開始します。いつの間にこんなにスピー...
ドコモ、全国の実効速度計測値を公表
ドコモからスマートフォンの通信速度の統一基準による計測値が発表となりました。iPhoneの場合、下りの通信速度...
新幹線全駅で通信速度を調査 ー iPhone6S、2015年版
本日の話題は全国の新幹線全駅による通信速度調査。auが他のキャリアを抑えてトップに!ビジネスマンとして活躍して...
今度こそ料金値下げなるか? NTT鵜浦博夫社長「前向きに検討」
先日安倍首相が、携帯料金が家計を圧迫していると料金値下げを指示。本日の日経新聞が、NTT鵜浦博夫とのインタビュ...
総務省のガイドラインによる実効速度計測が始まる - 全国調査
「どこのキャリアが速い?」と長年消費者を悩ませてきた問題が解決しそうです。iPhone等を購入する場合キャリア...