ドコモ新スマホ発売延期…OS「タイゼン」搭載

読売新聞は、ドコモがTIZEN搭載のスマートフォンの発売延期と報じました。


読売新聞系のWEBサイト「YOMIURI ONLINE」によると、今年の冬春モデルの目玉として登場する予定だった、TIZEN(たいぜん)OS搭載のサムスン製スマートフォンの発売を来年前半に発売延期したとの事。TIZENは、Android OS一辺倒への急先鋒だったのですが、ドコモサービスへの対応の遅れから発売を延期した模様。
 
来年前半へ発売延期した訳ですが、2~3月発売となれば冬春モデルに組み込まれているはずですので、来年4月以降の発売または自然消滅ではないかと推測できますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました